福島県の主要大名


   福島県は古くは、浮田・信夫・染葉・石城・岐閇・菊多・阿尺・石背・白河などの国造が支配していましたが、大化の改新で陸奥国に統合され、718年に亘理・宇太・行方・標葉・石城の5郡と常陸菊多郡とを併せて石城国、信夫・安積・会津・石背・白河の5郡を石背国として分置しましたが、724年に再び陸奥国に合併されました。奈良朝期には対蝦夷防衛のため白河関・勿来関などが置かれましたが、平安朝期には防衛線が北上して有名無実となりました。平安朝後期には奥州藤原氏の勢力圏に入りましたが、源頼朝は藤原氏を滅ぼして御家人や旧族の諸家に地頭職を付与しました。建武政権下では伊達家と白河(結城)家とが代表格であり、南北朝期に入ってもしばらく南朝方として活動し、北畠家の軍事行動を支持しましたが、奥州探題を筆頭とする室町幕府方の勢力が浸透するに及んで、二家も幕府方に転じました。室町期には一時篠川公方・稲村公方が設置されましたが、陸奥南部の政局は伊達・白河・蘆名の三家を軸として展開し、戦国期にかけては、磐城地方に相馬家・岩城家、岩代地方に二階堂家・田村家などが割拠しました。戦国後期には伊達家の勢力が拡大し、岩代地方の諸大名を併合しあるいは服属させ、1589年には伊達政宗が蘆名家を滅ぼして岩代地方を領有しました。翌年、豊臣秀吉が陸奥へ進駐すると、白河家などを廃絶させ、政宗から会津地方、さらに信達地方を収公して、蒲生氏郷を封じ、相馬家・岩城家の本領を安堵、のち会津には上杉景勝を封じました。徳川家康は会津に蒲生家を復封し、岩城家を左遷、旧族では相馬家のみが残り、磐城・岩代地方には次第に譜代の中小大名が入封しました。江戸中期以後は、相馬=中村藩(相馬家)・平藩(安藤家)・福島藩(板倉家)・二本松藩(丹羽家)・三春藩(秋田家)・白河藩(久松松平家→阿部家)・会津藩(松平家)など10藩が配置され、会津地方の南部は幕領でした。戊辰戦争で会津藩が解体されて政府直轄となります。1871年の廃藩置県により、磐城国のうち刈田・伊具・亘理・白河(西)を除く部分は平県=磐前県、岩代国の東5郡と白河郡とは福島県、岩代国の西5郡は越後国東蒲原郡と合併して若松県となり、1876年に磐前県と若松県(東蒲原郡を除く)とが福島県に合併し、県域が確定しました。

 篠川公方・稲村公方   伊達家   石川家   岩城家   蘆名家   相馬家→相馬藩   二階堂家   白河(結城)家   畠山(二本松)家   田村家   会津領主蒲生家   磐城平藩   棚倉藩   窪田藩   会津藩   三春藩   二本松藩   白河藩   泉藩   湯長谷藩=内藤家   福島藩   梁川藩   守山藩   桑折藩   下村藩   下手渡藩


篠川公方・稲村公方

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
(篠川公方)
足利 満直 左兵衛佐 篠川殿 足利氏満二男 1399-1440 1440 鎌倉公方庶家
1399安積郡篠川(陸奥)に派遣
1440自殺、絶家
(稲村公方)
足利 満貞 稲村殿 足利氏満四男 1399-1439 1439 鎌倉公方庶家
1399岩瀬郡稲村(陸奥)に派遣
1439自殺、絶家


伊達家
(信達地方在国期)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
伊達 朝宗 従五位下
高松院非蔵人
満勝寺
浄光念西
藤原光隆男 1199(71) 真壁郡伊佐
(常陸)・
伊達郡(陸奥)
伊達 宗村 従五位下
次郎
持国院
念山道正
為重?
常陸介?
朝宗二男 伊達郡
伊達 義広 従五位下
蔵人大夫
観音寺
本明覚仏
資綱?
宗広?
粟野次郎
判官代
宗村二男
(弟?)
1256(72)
伊達 政依 従五位下
蔵人大夫
東昌寺
覚印願西
政頼
二郎
義広長男 1301(75)
伊達 宗綱 従五位下
小太郎
金福寺
浄方真西
兵部少輔 政依長男 1317? 信夫・伊達二郡
伊達 基宗 従五位下
孫太郎
満願寺
誠志堅貞
基実
小弾正
宗綱長男
伊達 行宗 従四位下
宮内大輔
延命院
念海円如
朝村
行朝
基宗長男 1348(58) 田村某の女
伊達 宗遠 従五位下
弾正少弼
喜見寺
寂庵定叟
浄高 行宗長男 ?-1385 1385(62) 白河宗広女 梁川城(陸奥)
奥羽九郡に進出
伊達 政宗 従五位下
大膳大夫
東光寺
儀山円孝
五郎
兵部権少輔
宗遠長男 1385-1405 1405(53) 紀通清女 奥羽13郡に進出
伊達 氏宗 従五位下
兵部少輔
正光寺
東孝受天
政宗長男 1405-12 1412(42)
伊達 持宗 従五位下
大膳大夫
真常院
天海円宗
泰宗
松犬丸
次郎
兵部少輔
氏宗長男 1412-69 1469(77)
伊達 成宗 従四位上
大膳大夫
栖竜院
瓊巌円玖
三郎
兵部少輔
持宗二男 1469-? 1487?(53?) 大崎教兼女
伊達 尚宗 五位下
大膳大夫
護国院
香山円桂
小三郎 成宗長男 ?-1514 1514(62) 上杉定実女
伊達 稙宗 従四位下
左京大夫
智松院
直山円入
次郎 尚宗長男 1514-48 1565(78) 蘆名盛高女
1532西山城(陸奥)
1522-48
陸奥守護
伊達 晴宗 従四位下
左京大夫
乾徳院
保山道祐
次郎 稙宗長男 1548-63 1577(59)
(岩城重隆女)

1548米沢城(出羽)
1558前-63
奥州探題
伊達 輝宗 従四位下
左京大夫
覚範寺
性山受心
彦太郎
総次郎
晴宗二男 1563-84 1585(42)
(最上義守女)
伊達 政宗 従三位
権中納言
陸奥守
瑞巌寺
貞山利公
梵天丸
藤次郎
美作守
左京大夫
越前守
輝宗長男 1584-1636 1636(70)
(田村清顕女)

1589会津黒川城
(陸奥)
1590米沢城
奥羽12郡安堵
1591岩出山城
(陸奥)
580,000余石
1600以後累増
奥州21郡
625,000石
1603仙台城(陸奥)
へ居所移転


石川家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
石川 有光 源太 良寛公栄 福原頼遠男 1086(51) 石川郡(陸奥)
石川 基光 治部大輔 大方継元 三郎 有光男 1099
石川 光義 大和守 明輝道寛 源太 基光男 1121
石川 義季 大和守 需水天広 光義男 1177
石川 基光 大和守 義季男 1199
石川 広季 大膳大夫 柴光広門 基光男 1248
石川 光貞 左馬頭 雷声之中 広季男 1269
石川 光長 左馬頭 休広天息 光貞男 1290
石川 元盛 大和守 微聴笛声 光盛 光長男 1307
石川 盛義 安芸守 山月声門 元盛男 1318
石川 家光 摂津守 通山義宗 盛義長男 1330
石川 時光 宮内大輔 堅大良固 六郎 盛義四男 1335
石川 貞光 美作守 長輝月琴 家光男 1341
石川 詮持 中務大輔 延林広仙 石川義光
(家光男)の男
1351
石川 満持 中務少輔 躰用喜康 詮持男 1393
石川 満朝 宮内大輔 貞休良治 満持男 1413
石川 義光 駿河守 光念 孫太郎 満朝男 1448
石川 持光 中務少輔 孫三郎 義光(駿河守)男 1457
石川 宗光 治部大輔 持光男 1475
石川 成光 中務大輔 宗光男 1488
石川 尚光 駿河守 治部少輔 成光男 1514
石川 稙光 駿河守 尚光男 1530
石川 晴光 修理大夫 伊勢守 稙光男 1580
石川 昭光 従五位下
大和守
広岩明額 次郎 伊達晴宗四男 1580-1603 1622(73)
1590失領
1591松山城(陸奥)
8,000石(伊達領内)
1598角田城(陸奥)
12,000石
伊達家臣


岩城家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
高久 忠衡 高久三郎 平安忠男? 12C前半 岩城郡内
好島荘など(陸奥)
岩城 忠清 岩城二郎 忠衡男
岩城 清隆 好島太郎 忠清男
岩城 師隆 新田太郎 清隆男
岩城 隆義 岩城太郎 師隆長男
某女 隆義妻
岩城 繁隆 小次郎 師隆二男
岩城 乗祐 繁隆男
岩城 隆衡 小次郎 願真? 乗祐男 1331前-46後
岩城 隆兼 弥次郎 隆衡男 1349頃
岩城 隆教 (系未詳)
岩城 隆泰 (系未詳) 1354頃 (以後惣領家の
動向は未詳)
(白土岩城家)
白土 常朝 次郎 規堂道弘 隆弘 白土朝義男 ?-1407頃 岩城白土(陸奥) (庶子家)
白土 清胤 次郎 徹山玖公 常朝男
岩城 隆忠 従五位下
下総守
実山明真 次郎 清胤男 1421後-1463 1463
岩城 親隆 下総守 明寅虎山 次郎
左京大夫
隆忠二男 1463-74後
岩城大舘城
岩城 常隆 従五位下
下総守
可山繁公 左京亮 親隆長男 1474後-1511頃
岩城 由隆 従四位下
民部大輔
鷹山明俊 次郎 常隆二男 1511頃-34頃 1542
岩城 重隆 従五位下
左京大夫
月山明徹 二郎太郎 由隆長男 1534頃-69 1569
岩城 親隆 従四位下
左京大夫
光山寧本 宣隆
孫次郎
伊達晴宗長男
(重隆外孫)
1569-71頃 1594
岩城 常隆 従四位下
左京大夫
鐘山明心 親隆
(左京大夫)
長男
1571頃-90 1590(24)
1590本領安堵
磐城平城
120,000石
岩城 貞隆 忠次郎 能化丸 佐竹義重三男 1590-1601
1602-20
1620(38)
1601関が原の戦で
石田方、改易
1602月俸300俵
1616川中島領内
(信濃)に采地


蘆名家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者  所領/居所 備考
佐原 義連 十郎左衛門尉 三浦義明十男 武田信光女 佐原・蘆名(相模)
佐原 盛連 従五位下
遠江守
次郎兵衛尉 義連四男 1233 三浦義村女
蘆名 光盛 従五位下
遠江守
次郎
四郎左衛門尉
盛連四男 1263(60) 会津門田荘(陸奥)
蘆名 泰盛 遠江守 三郎左衛門尉 光盛長男
蘆名 盛宗 遠江守 次郎四郎
左衛門尉
泰盛長男
蘆名 盛員 大夫判官 遠江守 盛宗長男 1335
蘆名 直盛 従五位下
若狭守
三郎左衛門尉
遠江守
盛員二男 1390(68)
1384黒川城を築く
蘆名 詮盛 従五位下
弾正少弼
会津小太郎
遠江守
直盛長男 1407(62)
蘆名 盛政 従五位下
修理大夫
会津小太郎
左衛門尉
刑部大夫
詮盛長男 1429(54)
蘆名 盛久 従五位下
遠江守
会津小太郎
三郎左衛門尉
盛政長男 1444?
蘆名 盛信 従五位下
刑部大夫
小二郎
左近将監
盛政二男 1451(56)
蘆名 盛詮 従五位下
遠江守
下総守 盛信長男 1466
蘆名 盛高 従四位下
修理大夫
小太郎
刑部丞
盛詮長男 ?-1517 1517 伊達持宗女
蘆名 盛滋 出羽判官 会津小太郎
民部少輔
遠江守
盛高長男 1517-21 1521(59)
蘆名 盛舜 遠江守 盛高二男 1521-53 1553(64)
蘆名 盛氏 従五位下
修理大夫
瑞雲院
竹巌宗関
大膳大夫
(致仕後)
止々斎
盛舜長男 1553-61 1580(60) 伊達稙宗女
蘆名 盛興 盛氏長男 1561-75 1575(29) 伊達晴宗女
蘆名 盛隆 三浦介 平四郎 二階堂盛義長男 1575-84 1584(24) 盛氏養女
(前・盛興室)
二階堂家と
同君連合
蘆名 亀王丸 盛隆長男 1584-86 1586(3)
蘆名 盛重 主計頭 義広
義勝
佐竹義重二男 1586-1631 1631(57)
1589失領
1590江戸崎城
(常陸)復封


相馬家→相馬藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者  所領/居所 備考
 1 相馬 師常 相馬二郎 常心 千葉常胤二男 1205(67) 行方郡(陸奥)・
相馬郡内(下総)
 2 相馬 義胤 五郎 小太郎? 師常長男
 3 相馬 胤綱 二郎左衛門尉 胤経 義胤長男
 4 相馬 胤村 五郎左衛門尉 孫五郎? 胤綱長男 1272?
 5 相馬 師胤 彦次郎
(左衛門尉)
松若丸 胤村五男 行方郡内 (庶子家)
 6 相馬 重胤 孫五郎 天叟 松鶴丸 師胤長男 1337 田村宗猷女
小高城を築く
 7 相馬 親胤 出羽権守 聖心月洞 孫次郎 重胤長男 1358? 三河道中女
 8 相馬 胤頼 従五位下
讃岐守
陽雲大成 松鶴丸
治部少輔
親胤長男 ?-1367 1371?
 9 相馬 憲胤 治部少輔 洞岩 千代王丸
讃岐次郎
胤頼長男 1367-95? 1395?
10 相馬 胤弘 讃岐守 道空 孫次郎 憲胤長男 1395?-1436
11 相馬 重胤 治部少輔 天右建公 孫次郎 胤弘長男 1436-39
(宇多郡を制圧)
12 相馬 高胤 讃岐守 大雄翁山 隆胤
孫次郎
治部少輔
出羽守
重胤
(治部少輔)
長男
1439-92 1492
13 相馬 盛胤 従四位下
大膳大夫
大盛院
日頭照公
定胤
孫次郎
大膳亮
高胤長男 1492-1521 1521(46) 蘆名盛舜女
(標葉郡を含め
三郡を領有)
14 相馬 顕胤 讃岐守 宗国院
雄山英公
孫次郎 盛胤長男 1521-49 1549(42) 伊達稙宗女
15 相馬 盛胤 従四位下
弾正大弼
天授院
籌山勝公
孫次郎
(致仕後)
一通斎
明節
顕胤長男 1549-78 1601(73) 伊達義宗女
16 相馬 義胤 従五位下
長門守
蒼霄院
外天雲公
孫次郎 盛胤
(弾正大弼)
長男
1578-1602 1635(88) 伊達稙宗女
三分一所義景女

1590本領安堵
49,000余石
1598牛越城に
居所を移す
1602所領没収
17 相馬 利胤 従四位下
大膳亮
二照院
日璨宗杲
三胤
密胤
虎王丸
孫次郎
義胤長男 1603-25 1625(45) 蘆名盛隆女
岡田元次女
1603復封
小高城
1611中村城
(陸奥)に
居所を移転
18 相馬 義胤 従五位下
大膳亮
巴陵院
月海霜剣
虎之助 利胤長男 1625-51 1651(33) 内藤忠重女
1629高直し
60,000石
19 相馬 忠胤 従五位下
長門守
広徳院
方山貞義
勝胤
式部
土屋利直二男 1652-73 1673(37) 亀(義胤女)
20 相馬 貞胤 従五位下
出羽守
光明院
瓊岩周英
信胤
虎千代
忠胤長男 1673-79 1679(21) 板倉重矩女
21 相馬 昌胤 従五位下
弾正少弼
建徳院
勢誉峻岩
孔照
采女 忠胤二男 1679-1701 1728(68) 多禰
(松平頼元女)
22 相馬 叙胤 従五位下
長門守
香雲院
靉翁玄靆
義珍
仁寿丸
求馬
図書頭
佐竹義処二男 1701-09 1711(35) 品(昌胤女)
23 相馬 尊胤 従五位下
弾正少弼
寿高院
仁誉廉節
瑞巌
清胤
宗胤
千代松
民部
讃岐守
昌胤二男 1709-65 1772(77)
(本多康慶女)
相馬 徳胤 従五位下
因幡守
洞岳院
別宗覚天
菊千代
内膳
叙胤四男 (早世) 1752(51) そよ
(内藤信輝養女)

浅野吉長女
24 相馬 恕胤 従五位下
因幡守
高峻院
徳応雲巌
内膳
讃岐守
(致仕後)
長門守
徳胤長男 1765-83 1791(57) 青山幸秀女
25 相馬 祥胤 従五位下
因幡守
岹嶢院
恭雲巨岳
吉次郎
讃岐守
(致仕後)
弾正少弼
恕胤三男 1783-1801 1816(52) 久美
(松平忠告女)
26 相馬 樹胤 従五位下
因幡守
大隆院
英巌徳雄
内膳
讃岐守
(致仕後)
豊前守
祥胤長男 1801-13 1839(59)
(松平忠済女)
27 相馬 益胤 従五位下
長門守
以徳院
寛量照潤
吉次郎 祥胤二男 1813-35 1845(50)
(松平頼慎女)
28 相馬 充胤 大膳大夫 豊丸
吉次郎
大膳亮
益胤長男 1835-65 1889(71)
(柳沢保泰女)
綺子
(太田資始女)
29 相馬 誠胤 中村藩知事 秊胤
吉太郎
吉次郎
因幡守
充胤長男 1865-71 1892(41) 京子
(戸田光則女)

1871廃藩置県
子爵


二階堂家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
二階堂 行政 従五位下
山城守
生毘沙門 白尾三郎
四郎左衛門尉
主計允
民部丞
出雲権守
藤原行遠男 二階堂地内(相模) 政所執事
二階堂 行光 従五位下
信濃守
掃部允
民部丞
行政男 1219 政所執事
二階堂 行盛 従五位下
信濃民部大夫
行然 民部少丞
紀伊権守
行光男 1253(73) 政所執事・
評定衆
二階堂 行綱 伊勢守 行願 三郎左衛門尉
信濃大夫判官
行盛男 1281(66) 政所執事・
評定衆
二階堂 頼綱 従五位下
下総守
三郎左衛門尉
伊勢守
行綱男 1283(45) 政所執事・
評定衆
二階堂 貞綱 三郎左衛門尉 行禅 師綱 頼綱男 1331
二階堂 行朝 従五位下
信濃守
行珍 右衛門尉 貞綱男 1353
岩瀬郡内(陸奥)
政所執事・
評定衆
二階堂 行親 正五位上
左衛門尉
行朝男 1336 (以後未詳)
(須賀川二階堂家)
二階堂 行続 参河守 行嗣
行春?
信濃守?
1459 須賀川城(陸奥)
二階堂 為氏 遠江守 盛重
藤寿丸
二郎
行続男 1464
二階堂 行光 山城守 為氏男?
二階堂 行詮 山城守 行光男?
二階堂 続義 遠江守 長福寺
忠誉道玄
晴行
宗義?
統義?
行詮男? ?-1531後
二階堂 輝行 従五位下
駿河守
照行
弾正
続義男 1531後-37 1537
二階堂 盛義 信濃守 遠江守 輝行男 1537-81 1581
二階堂 盛隆 左京亮 三浦介 盛義男 1581-84 1584(24) 蘆名家と
同君連合
大乗院 伊達晴宗女
盛義室
1584-89 1631
1589失領


白河(結城)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
白河(結城)祐広 弥七左衛門尉 結城朝広二男 白河郡白河荘
(陸奥)
白河 宗広 上野介 君山道忠 弥七左衛門尉 祐広男 1338
白河 親朝 修理大夫 東山 大蔵少輔
三河守
宗広男 1347
白河 顕朝 大膳大夫 大印相公 弾正少弼 親朝男
白河 満朝 三河守 長川道久 中務丞
左衛門尉
小峰政常男
白河 氏朝 弾正少弼 義秀好忠 那須資朝男
白河 直朝 修理大夫 関川院
海竜道朝
小峰朝親男 1444頃
白河 政朝 弾正少弼 亀山道総
心江
義永 直朝男 1470前-1510?
白河 顕頼 左兵衛佐 長渓道永 政頼
宮内少輔
政朝男
白河 義綱 一統 門舟院
道海義綱
左兵衛佐 顕頼男
白河 晴綱 左京大夫 門書院 直広
晴広
義綱男 1533前-73 1573
白河 義顕 治部大輔 七若丸 晴綱男 1573-75 1613
白河 義親 従五位下
上野介
元照院
月翁道雲
関七郎
不説斎
顕頼男 1575-90
1601-26
1626(86)
1590失領
1601 100人扶持
(伊達領内)
伊達家臣
白河義綱(義親養子)以後、仙台伊達家臣として、江戸中期より陸奥真坂1,022石を知行。       


畠山(二本松)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
畠山 義純 従五位下
遠江守
最乗寺 足利太郎
岩松二郎
足利義兼長男 1222(35) 秩父畠山(武蔵)
畠山 泰国 従五位下
上総介
空蓮 三郎 義純三男
畠山 時国 正五位下
阿波守
上蓮 国氏
三郎太郎
小太郎
式部丞
泰国長男
畠山 高国 上総介 信元 小太郎
蔵人
上野介
時国孫? 1351(47) 1336-38
伊勢守護
畠山 国氏 従五位上
右馬権頭
弥太郎
中務大輔
高国男 ?-1351 1351
1345安達郡方面
(陸奥)移転
1351滅亡
1345-51
奥州探題
畠山 国詮 修理大夫 称名寺
道甫
平石丸
二本松二郎
上総介
宮内大輔
中務入道
国氏男 1354-1413頃 1354再興
二本松城(陸奥)
賀美・黒川
(陸奥)分郡
守護職
畠山 満泰 修理大夫 称念寺
安曼道泰
良俊
覚阿
七郎
左京大夫
宮内大輔
国詮男 1413頃-38後
畠山 持泰 治部少輔 良源 持重?
修理大夫?
満泰男
畠山 政泰 右京亮 良勝 政国?
治部少輔?
畠山満盛
(満泰男)
の男?
畠山 村国 修理大夫 義国? 政泰男?
(畠山 晴国 右馬頭 弥太郎 村国男? ↓ ) (相続未詳)
畠山 家泰 七郎 村国男?
畠山 義氏 信濃守 宗阿 重義
七郎
家泰男?
(弟?)
1542前-47 1547後
畠山 義国 修理大夫 其阿 尚国 新城村国男 1547-80 1580
畠山 義継 七郎 月峰円公 義次 義国男 1580-85 1585
畠山 義綱 国王丸 義泰
七郎
義継男 1585-86 1589(16)
1586失領
1589蘆名家にて
被殺、滅亡


田村家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
田村 直顕 右京大夫 春江栄公 遠江守? 田村持顕男? 1454頃 1474 田村荘(陸奥)
(守山城?)
田村 盛顕 大膳大夫 賀翁慶公 左衛門大夫 直顕男 1487?
田村 義顕 従四位下
大膳大夫
梁山棟公 左衛門大夫 盛顕男 ?-1532頃 1561
田村 隆顕 安芸守 長岳泰公 左衛門大夫 義顕男 1532頃-71? 1574
三春城に移転
田村 清顕 侍従
大膳大夫
長雲寺
雲岳松公
隆顕長男 1571?-86 1586
田村 宗顕 孫七郎 定顕 田村氏顕
(隆顕二男)の男
1588-90
1590失領
1652宗良(伊達忠宗
三男・清顕外孫)が
岩沼(陸奥)にて
家を再興


会津領主 蒲生家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
蒲生 氏郷 従三位
参議
飛騨守
レオン(霊名)
昌林院
高岩忠公
賦秀
鶴千代
忠三郎
蒲生賢秀三男 1590-95 1595(40)
(織田信長女)
1584日野(近江)襲封
同年、松ヶ島城(伊勢)
120,000石
1588松坂城へ居所を移転
1590会津若松城(陸奥)
420,000石
1591加増
909,300石
蒲生 秀行 従四位下
侍従
飛騨守
弘真院
覚山静雲
秀朝
秀隆
鶴千代
藤三郎
氏郷長男 1595-98
1601-12
1612(30)
(徳川家康女)

1598内訌減封
宇都宮城(下野)
180,000石
1601会津若松城
600,000石
(1598-1601
上杉景勝
会津領主)
蒲生 忠郷 正四位下
参議
下野守
見樹院
徳誉玄光
亀千代 秀行長男 1612-27 1627(25) 藤堂高虎女
1627無嗣
(弟・出羽上山城
忠知が継ぎ、伊予松山へ)
公称松平
1613年頃の重臣配置としては、津川城代の岡重政30,000石(居城は越後国内)、白河城代の町野幸和28,000石、二本松城代の本山豊前15,000石、守山城代の蒲生郷治15,000石、長沼城代の玉井貞佑10,000石、猪苗代城代の岡越後10,000石(以上、居城はいずれも陸奥国内)らが挙げられる。


磐城平藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔鳥居家〕
鳥居 忠政 従五位下
左京亮
新太郎 鳥居元忠二男 1602-22 1628(63) 滝川雄利女 1600矢作城
(下総)襲封
40,000石
1602磐城平城(陸奥)
100,000石
後、加増
120,000石
1622山形城
(出羽)転封
〔内藤家〕 
内藤 政長 従四位下
左馬助
悟真院
養誉堆安
道山
金一郎 内藤家長長男 1622-34 1634(67) 三宅康貞女 1600佐貫城
(上総)襲封
20,000石
後、累増
45,000石
1622磐城平城
70,000石
内藤 忠興 従四位下
帯刀
高岳院
円誉月心
長山
忠長
万鍋
金一郎
政長長男 1634-70 1674(83) 酒井家次女
内藤 頼長 従四位下
左京大夫
美鈴院
方誉雪桜
風山
義概
義泰
万菊
左京亮
風虎
紫軒
忠興長男 1670-85 1685(67) 松平忠国女
三条実秀女
内藤 義孝 従五位下
能登守
冬玄院
西誉了心
義山
藤丸
露江
頼長三男 1685-1712 1712(44) 土屋政直女
内藤 義稠 従五位下
右京亮
廓寥院
真誉中棠
小一郎 義孝二男 1712-18 1718(20)
内藤 政樹 従五位下
備後守
豊松
民部
内藤義英
(頼長二男)
長男
1718-47 1766(64)
1747延岡城
(日向)転封
〔井上家〕
井上 正経 従五位下
河内守
正賢
利容
正燕
民部
井上正之長男 1747-56 1766(42) 仙石政房女 1737笠間城
(常陸)襲封
60,000石
1747磐城平城
1756摂津等四国内
転封
寺社奉行
〔安藤家〕
安藤 信成 従四位下
侍従
対馬守
法融院
顕実意証
得悟日準
信明
勝蔵
安藤信尹二男 1756-1810 1810(63) 松平武元女 1755加納城
(美濃)襲封
50,000石
1756磐城平城
老中
安藤 信馨 従五位下
対馬守
慈広院
正円巍山
口宗
重馨
林三郎
勝蔵
伊勢守
長門守
信成二男 1810-12 1812(45) 美吉
(久世広誉女)

(内藤信凭女)
安藤 信義 従五位下
対馬守
最隆院
憲誉游学
道樹
新次郎
(致仕後)
山城守
近江守
安藤信厚
(信成長男)
長男
1812-29 1843(57)
(津軽寧親女)
さち子
(立花鑑寿女)
奏者番
安藤 信由 従五位下
対馬守
宣照院
光誉和昶
自徳
浜之助
伊勢守
信馨五男 1829-47 1847(47) 於従
(松平信明女)
安藤 信正 侍従
対馬守
鶴翁
晩翠
信睦
信行
欽之進
欽之助
信由長男 1847-62 1871(53)
(本荘宗発女)

1862隠居謹慎
老中
安藤 信民 鏻之助 孝懐院
即誉哲心
超世
信正長男 1862-63 1863(5) 1863父有罪減封
30,000石
安藤 信勇 磐城平藩知事
(廃藩後)
学習院教授
理三郎
対馬守
内藤正義三男 1863-71 1908(60) 登女子
(三浦万邦女)

1871廃藩置県
義弟・信守
のとき子爵


棚倉藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔立花家〕
立花 宗茂 従四位下
侍従
左近将監
宗虎
統虎
鎮虎
正成
親成
尚政
俊正
信正
経正
千熊丸
弥十郎
高橋鎮種長男 1609-20 1642(74) ァ千代
(立花鑑連女)
八千子
(矢島秀行女)
菊子
(葉室頼宣女)
1587柳河城(筑後)
132,200石
1600関が原戦
で改易
1604旗本
5,000石
1609棚倉城(陸奥)
10,000石
後30,000石
1620柳河城
に復帰
〔丹羽家〕 
丹羽 長重 従三位
参議
加賀守
鍋丸
五郎左衛門
丹羽長秀長男 1622-27 1637(67) 織田信長女 1585小浜城
(若狭)襲封
後、減封
1587松任城(加賀)
40,000石
1595小松城(加賀)
125,400石
1600所領没収
1603古渡
(常陸)復封
10,000石
1619加増
20,000石
1622棚倉城(陸奥)
50,000石
1627白河城
(陸奥)転封
〔内藤家〕
内藤 信照 従五位下
豊前守
清浄院
長誉良栄
徹春
弥七郎 内藤信正長男 1627-65 1665(74) 阿部正次女 1626近江・山城
二国内
襲封
50,090石
1627棚倉城
内藤 信良 従五位下
豊前守
宝岩院
静誉供安
犬千代
淡路守
摂津守
信照長男 1665-74 1695(71) 奥平忠昌女

(松平直基養女)
内藤 弌信 従五位下
紀伊守
信勝
市之助
内藤信光二男 1674-1705 1730(73) 太田資次女
品子
(毛利綱広女)

1705田中城
(駿河)転封
〔太田家〕
太田 資晴 従五位下
備中守
資重
資在
熊次郎
太田資直五男 1705-28 1740(46) 戸田氏定女 1705田中城
(駿河)襲封
50,037石
同年棚倉城
1728館林城
(上野)転封
若年寄
〔松平(越智)家〕
松平 武元 従五位下
右近将監
丹下
源之進
主計頭
松平頼明三男
松平武雅養子
1728-46 1779(67) 松平忠雅女 1728館林城
(上野)襲封
54,000石
同年棚倉城
1746館林城
転封
西丸老中
〔小笠原家〕
小笠原 長恭 従五位下
能登守
慈雲院
本源崇徳
長明
土丸
内膳
佐渡守
小笠原長庸長男 1746-76 1776(37)
(小笠原忠基養女)
1744掛川城
(遠江)襲封
60,000石
1746棚倉城
小笠原 長堯 従五位下
佐渡守
南萼院
梅翁崇敬
岩丸
津八郎
長恭長男 1776-1812 1812(49) 松平頼恭女 奏者番
小笠原 長昌 従五位下
主殿頭
篤三郎
津八郎
長堯五男 1812-17 1823(28)
(水野忠光女)

1817唐津城
(肥前)転封
〔井上家〕
井上 正甫 従五位下
河内守
安住院
越海日久
武三郎
直之助
井上正定長男 1817-20 1858(80)
(真田幸弘女)
松平武寛女

(織田信浮女)
1786浜松城
(遠江)襲封
1817棚倉城
奏者番
井上 正春 従五位下
河内守
亀丸 正甫長男 1820-36 1847(42) 於昌
(松平忠学養女)

1836館林城
(上野)転封
寺社奉行
〔松平(松井)家〕
松平 康爵 従五位下
周防守
寛隆院
温誉誠円
徳潤
左近将監 松平康任二男 1836-54 1868(59)
(稲葉雍通女)
1835浜田城
(石見)襲封
60,422石
1836棚倉城
松平 康圭 従五位下
周防守
左近将監 康任三男 1854-62 1862(42) 竹子
(内藤政優養女)
松平 康ヒロ
(「藤」の
右下部分)
従五位下
周防守
厳若 康圭長男 1862-64 1864(16)
松平 康英 侍従
石見守
万太郎
康直
松平康済長男 1864-66 1904(75)
(松平康正女)
直子
(鍋島直政女)

1865加増
80,422石
1866川越城
(武蔵)転封
老中
〔阿部家〕
阿部 正静 美作守 録太郎
長吉郎
阿部正外長男 1866-68 1878(30)
(須田津次郎女)
1866白河城
(陸奥)襲封
100,000石
同年、棚倉城
1868白河城
復封
阿部 正功 棚倉藩知事 基之助 阿部正耆二男 1868-71 1925(66) 照子
(徳大寺公純女)
1868減封
棚倉城
60,000石
1871廃藩置県
子爵


窪田藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
土方 雄重 従五位下
掃部頭
雪江了寒 土方雄久二男 1622-28 1628(37) 1608野々市(加賀)襲封
15,000石
1622菊多窪田(陸奥)
20,000石
土方 雄次 従五位下
河内守
清光院
江月浄澄
彦三郎 雄重長男 1629-79 1680(70)
土方 雄隆 従五位下
伊賀守
高恭院
玄山宗道
雄高
監物
山城守
雄次二男 1679-84 1691(50)
1679分知
18,000石
1684内訌改易


会津藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔加藤家〕
加藤 嘉明 従四位下
侍従
左馬助
三明院
宣興道誉
茂勝
孫六
岸教明長男 1627-31 1631(69) 堀部市右衛門女 1602松山城(伊予)
200,000石
1627会津若松城
(陸奥)
400,000石
加藤 明成 従四位下
侍従
式部少輔
円通院
休意
孫次郎 嘉明長男 1631-43 1661(70) 保科正直女
1643所領返還
(子・明友が石見吉永、
後、近江水口に新封)
〔保科→松平家〕
保科 正之 正四位下
左中将
肥後守
贈従三位
土津霊神 幸松 徳川秀忠四男 1643-69 1672(62)
(内藤政長女)

(藤木弘之女)
1636山形城(出羽)
200,000石
1637保科家から
別れ一家を設立
1643会津若松城
230,000石
将軍補佐
保科 正経 従四位下
侍従
筑前守
鳳翔院
宜山休公
大之助
(致仕後)
素行軒
致休
正之四男 1669-81 1681(36)
(前田利常女)
松平 正容 正四位下
左中将
肥後守
徳翁霊神 正信
重四郎
正之六男 1681-1731 1731(63)
(阿部正武女)

(横山常定女)
1696
改称松平
松平 容貞 従四位下
左少将
肥後守
土常霊神 菊千代
長菊
正容八男 1731-50 1750(27)
(松平頼豊女)
松平 容頌 正四位下
左中将
肥後守
恭定霊神 容綏
容清
亀五郎
容貞長男 1750-1805 1805(62)
(阿部正允女)

(毛利重就養女)
松平 容詮 従四位下
侍従
駿河守
宣明院
円通義覚
専之助 松平容章長男 (早世) 1785(36)
(前田治脩養女)
松平 容住 従四位下
侍従
若狭守
貞昭霊神 金之助 容詮二男 1805 1805(28)
(井伊直幸女)
松平 容衆 従四位下
左少将
肥後守
欽文霊神 金之助 容住二男 1806-22 1822(20) 幸子=元
(徳川家斉女)
松平 容敬 正四位下
左中将
肥後守
忠恭霊神 慶三郎
靱負
松平義和三男 1822-52 1852(50)
(佐竹義和女)

(前田斉広女)
松平 容保 参議
肥後守
(廃藩後)
東照宮宮司
_之允
若狭守
松平義建六男 1852-68 1893(59) 敏(容敬女)
1864加増
280,000石
1868所領没収
(1869息子・容大が
陸奥斗南復封)
京都守護職


三春藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔加藤家〕
加藤 明利 従五位下
民部大輔
民部
民部少輔
加藤嘉明三男 1627-28 1641(43) 朝倉宣正女 1627新封
三春(陸奥)
30,000石
1628二本松城
(陸奥)転封
会津藩主
加藤家与力
〔松下家〕
松下 長綱 従五位下
石見守
月照院
円室宗孤
左助 松下重綱長男 1628-44 1658(49) 喜与
(山内忠義女)
1627二本松城
(陸奥)襲封
50,000石
1628幼少減封
三春城
30,000石
1644精神疾患
により改易
会津藩主
加藤家与力
〔秋田家〕
秋田 俊季 従五位下
河内守
真如院
実岩常固
安東太郎
伊豆守
秋田実季長男 1645-49 1649(52) 松平信吉女 1631宍戸城
(常陸)襲封
50,000石
1645三春城
55,000石
秋田 盛季 従五位下
安房守
陽雲院
竜天蒼松
久松
左近
俊季長男 1649-76 1676(57) 安藤重長女
1649分知
50,000石
秋田 輝季 従五位下
信濃守
乾元院
剛山瑞陽
万吉
大蔵
盛季二男 1676-1715 1720(72) 酒井忠直女
秋田実久女
秋田 頼季 従五位下
信濃守
広運院
俊徳玄明
季侶
主水
主水正
荒木高村長男 1715-43 1743(48) 岩子
(輝季養女)
秋田 延季 従五位下
河内守
天稟院
令徳永顕
扇裏
治季
民部
東太郎
(致仕後)
太季
山城守
頼季長男 1743-51 1773(56)
秋田 定季 従五位下
主水正
恭徳院
仁則惟敬
季陳
富三郎
主水
頼季二男 1751-57 1757(32)
秋田 倩季 従五位下
山城守
建徳院
古極体仁
千季
乙之助
東太郎
信濃守
(致仕後)
英翁
延季二男 1757-97 1813(63)
(松平信礼女)
青山幸道女
秋田 長季 従五位下
信濃守
大仰院
法鑑高輪
謐季
乙之助
大炊
大炊頭
河内守
倩季二男 1797-1803 1811(34) 久世広誉女
秋田 孝季 従五位下
山城守
大雄院
英徳文明
季孝
(致仕後)
主水正
伊予守
倩季三男 1803-32 1844(59)
(秋田季周女)
秋田 肥季 従五位下
安房守
瑞季院
麗山紹光
邦季
憙季
信濃守
孝季長男 1832-65 1865(53)
(池田斉訓養女)
秋田 映季 三春藩知事
(廃藩後)
貴族院議員
万之助
信濃守
肥季二男 1865-71 1907(50)
(山内豊福女)
竜子
(池田徳潤女)

1871廃藩置県
子爵


二本松藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔松下家〕
松下 重綱 従五位下
石見守
州伝寺
栄岩長誉
左助
右兵衛尉
松下之綱長男 1627 1627(49) 加藤嘉明女 1616烏山城
(下野)
20,800石
1627二本松城
(陸奥)
50,000石
会津藩主
加藤家与力
松下 長綱 従五位下
石見守
左助 重綱長男 1627-28 1658(49) 喜与
(山内忠義女)

1628三春城
(陸奥)転封
会津藩主
加藤家与力
〔加藤家〕
加藤 明利 従五位下
民部大輔
宝樹院
雲心夢月
民部
民部少輔
加藤嘉明三男 1628-41 1641(43) 朝倉宣正女 1627新封
三春城(陸奥)
30,000石
1628二本松城
(陸奥)
1641没後
嗣子幼少に
より所領収公
会津藩主
加藤家与力
〔丹羽家〕
丹羽 光重 従四位下
侍従
左京大夫
慈明院
玉峰性瑶
半古庵
宮松丸
左京亮
丹羽長重長男 1643-79 1701(81) 安藤重長女
櫛笥隆胤女
1637白河城
(陸奥)襲封
100,700石
1643二本松城
丹羽 長次 従四位下
侍従
左京大夫
興国院
節山麟功
鍋丸
大膳
若狭守
光重長男 1679-98 1698(56)
(蜂須賀光隆女)
丹羽 長之 従五位下
越前守
巌松院
徽外宗絃
重昌
主殿
光重二男 1698-1700 1700(45)
丹羽 秀延 従四位下
左京大夫
泰雲院
鉄山玄栄
尹重
五郎三郎
長之長男 1701-28 1728(39) 阿部正邦女
丹羽 高寛 従四位下
左京大夫
天岳院
豁如了然
百介
五郎左衛門
丹羽長道長男 1728-45 1769(63) 秀延養女
丹羽 高庸 従四位下
若狭守
大洞院
柏庭宗樹
百介
五郎左衛門
高寛長男 1745-65 1765(37)
(徳川宗直女)
丹羽 長貴 従四位下
侍従
加賀守
雄峯院
覚道俊英
宮松丸
五郎左衛門
左京大夫
高庸長男 1766-96 1796(46)
(伊達村候女)
丹羽 長祥 従四位下
加賀守
顕徳院
円通了義
希驥
鍋太郎
大炊頭
左京大夫
長貴長男 1796-1813 1813(34)
(有馬頼貴女)
丹羽 長富 従四位下
左少将
左京大夫
泰国院
一宝道光
蕃吉
覚蔵
(致仕後)
若狭守
長祥長男 1813-58 1866(64)
(有馬頼端女)
丹羽 長国 侍従
左京大夫
保蔵
越前守
長富長男 1858-68 1904(71) 久子
(戸田氏正女)

1868列藩同盟に
参加、隠居謹慎
丹羽 長裕 二本松藩知事 頼丸
五郎左衛門
上杉斉憲九男 1868-71 1886(28) 峯(長国女) 1868減封
50,000石
1871廃藩置県
子爵


白河藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔丹羽家〕 
丹羽 長重 従三位
参議
加賀守
大鄰寺
傑俊浄英
鍋丸
五郎左衛門
丹羽長秀長男 1627-37 1637(67) 織田信長女 1622棚倉城(陸奥)
50,000石
1627白河城(陸奥)
100,700石
丹羽 光重 従四位下
侍従
左京大夫
宮松丸
左京亮
長重長男 1637-43 1701(81) 安藤重長女
櫛笥隆胤女

1643二本松城
(陸奥)転封
〔榊原家〕
松平 忠次 従四位下
式部大輔
国千代 松平忠政長男
榊原康勝養子
1643-49 1665(61)
(黒田長政女)
1615館林城
(上野)襲封
100,000石
1625高直し
110,000石
1643白河城
140,000石
1649姫路城
(播磨)転封
〔本多家〕
本多 忠義 従五位下
能登守
大信院
本誉忠義
忠光
唐之助
右兵衛
幸千代
(致仕後)
鈍斎
本多忠政三男 1649-62 1676(75)
(森忠政女)
1644村上城
(越後)
100,000石
1649白河城
120,000石
本多 忠平 従五位下
下野守
唐之助 忠義長男 1662-81 1695(64) 奈阿
(池田光政女)

1662分知
100,000石
1681宇都宮城
(下野)転封
〔松平(奥平)家〕
松平 忠弘 従四位下
侍従
下総守
清良
鶴松丸
松平忠明長男 1681-92 1700(70) 細川忠利女 1668宇都宮城(下野)
150,000石
1681白河城
1692山形城転封
〔松平(結城)家〕
松平 直矩 従四位下
侍従
大和守
天祐院
鉄船道駕
鶴松
藤松
松平直基長男 1692-95 1695(54)
(松平直政女)

(東園基賢女)
1686山形城(出羽)
100,000石
1692白河城
150,000石
松平 基知 従四位下
侍従
大和守
仰高院
実性英賢
源次郎
久太郎
和泉守
直矩二男 1695-1729 1729(51)
(有馬頼元女)

(東園基雅養女)
松平 明矩 従四位下
侍従
大和守
金之助
兵庫頭
相模守
土佐守
松平知清
(直矩四男)
長男
1729-41 1748(36)
(小笠原忠基女)

1741姫路城転封
〔松平(久松)家〕
松平 定賢 従四位下
越中守
俊徳院
興誉鉄岩
仁譲
頼儀
頼軌
左門
松平頼貞四男
松平定儀養子
1741-70 1770(62)
(松平定儀養女)
1727高田城
(越後)襲封
110,000石
1741白河城
松平 定邦 従四位下
越中守
寛光院
紹誉継風
憐道
久米次郎
河内守
近江守
(致仕後)
木工頭
定賢長男 1770-83 1790(63) 黒田継高女
松平 定信 従四位下
左少将
越中守
守国院
崇達社
天誉保徳
楽翁
賢丸
上総介
徳川宗武七男 1783-1812 1829(72) 峯(定邦女)

(加藤泰武女)
老中・
将軍補佐
松平 定永 従四位下
侍従
越中守
太郎丸
式部大輔
定信長男 1812-23 1838(48)
(蜂須賀治昭女)

1823桑名城
(伊勢)転封
〔阿部家〕
阿部 正権 銕丸 光覚院
瑞誉常照
知鑑
阿部正由長男 1823 1823(17) 1808忍城
(武蔵)襲封
100,000石
阿部 正篤 従五位下
飛騨守
大巌院
義誉徳風
無疆
房丸 松平頼興二男 1823-31 1843(37)
(島津斉宣女)
阿部 正瞭 従五位下
能登守
成徳院
行誉自昭
翠山
益之助 松平信明七男 1831-38 1838(26)
(松平康任養女)
寺社奉行
阿部 正備 能登守 弾正 大村純昌五男 1838-48 1874(52)
(内藤頼寧女)
奏者番
阿部 正定 誠一郎 清竜院
智底
阿部正蔵長男 1848 1848(26)
(花房職恕女)
阿部 正耆 従四位下
侍従
播磨守
浄厳院
徳誉賢譲
良節
義三郎 阿部正粋二男 1848-63 1863(37)
(阿部正寧女)
奏者番
阿部 正外 侍従
豊後守
葆真
兵庫
久米作
越前守
阿部正蔵三男 1864-66 1887(60) 千代
(長谷川正直女)
老中
阿部 正静 美作守 録太郎
長吉郎
正外長男 1868 1878(30)
(須田津次郎女)
1866棚倉城
(陸奥)転封
1868白河城復封
同年列藩同盟に
参加、隠居謹慎


泉藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔内藤家〕
内藤 政晴 従五位下
兵部少輔
光台院
長誉月秀
了山
万福
兵部
内藤政長四男 1634-45 1645(20) 土屋利直女 1634兄・内藤政長の
先封地陸奥三郡内
20,000石新封
内藤 政親 従五位下
丹波守
得大院
門誉惣持
賢山
政直
金一郎
右近
右近大夫
政晴長男 1646-96 1696(52) 朽木稙綱女
1668泉に
居所を築く
若年寄
内藤 政森 従五位下
山城守
金一郎
右近
政親三男 1696-1702 1738(56) 柳沢吉保養女
柳沢吉保二女

1702安中城
(上野)転封
将軍小姓
〔板倉家〕
板倉 重同 従五位下
伊予守
祥額院
雲峯源瑞
百助
靱負
神保元茂二男
板倉重形
(外祖父)養子
1702-17 1717(39) 細川興栄女 1686安中
(上野)襲封
15,000石
1702泉
将軍小姓
板倉 勝清 従五位下
佐渡守
重清
百助
伊予守
重同長男 1717-46 1780(75) 板倉重冬女
1746相良
(遠江)転封
若年寄
〔本多家〕
本多 忠如 従五位下
越中守
葆真院
沖翁玄宜
壺山
時之助
讃岐守
本多忠直五男
本多忠通養子
1746-54 1773(62) 吉子
(松浦篤信女)
1721相良
(遠江)襲封
15,000石
1746泉
本多 忠籌 従四位下
侍従
弾正大弼
賢剛院
忠岳衍良
雄之進
大蔵
弾正少弼
忠如長男 1754-99 1812(74) 富子
(松浦誠信女)

1790加増
20,000石
城主格
老中格
本多 忠誠 従五位下
越中守
徳照院
泰岸祥雲
忠武
勇次郎
河内守
忠籌二男 1799-1815 1832(72) 八百子
(板倉勝暁女)
本多 忠知 従五位下
弾正少弼
泰岳院
松翁真封
正之進
河内守
忠誠長男 1815-36 1839(53) 昌子
(榊原政敦女)
本多 忠徳 従五位下
越中守
憲徳院
雄山良義
汲深斎
治之助
晴之丞
長三郎
忠知三男 1836-60 1860(43) 馨子
(柳沢保泰女)
若年寄
本多 忠紀 能登守 静翁 哲四郎 忠知四男 1860-68 1883(65) 喜子
(柳沢里顕女)

1868列藩同盟に
参加、隠居謹慎
若年寄
本多 忠伸 泉藩知事 兵庫之助 本多忠行長男 1868-71 1903(52) 春子
(遠山景明女)
1868減封
18,000石
1871廃藩置県
息子・忠彦
のとき子爵


湯長谷藩=内藤家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
遠山 頼直 従五位下
主殿頭
覚性院
円心光山
政亮
百助
主殿
内藤忠興三男 1670-93 1693(69) 1670磐城平藩
内藤家より分家
湯本(陸奥)新封
10,000石
1676湯長谷(陸奥)へ
居所を移転
後、累増
15,000石
大坂定番
遠山 政徳 従五位下
内膳正
泰巌院
竜光雲山
三八郎
求馬
堀直行二男 1694-1703 1703(30)
内藤 政貞 従五位下
主殿頭
智光院
泰仁勇山
長十郎
主殿
土方雄賀二男 1703-22 1722(38) 改称内藤
内藤 政醇 従五位下
播磨守
不退院
風航致山
政令
政盈
銀一郎
政貞長男 1722-41 1741(31)
内藤 政業 従五位下
播磨守
大慈院
等誉恵明
葛山
亮長
銀一郎
政醇長男 1741-61 1811(72)
内藤 貞幹 従五位下
因幡守
徳本院
有隣愍山
雅之進
主殿頭
伊賀守
徳川宗直六男 1761-78 1778(33)
内藤 政広 雅之進 顕明院
曜誉瑞光
玉山
貞幹二男 1778-87 1787(18)
内藤 政徧 従五位下
主殿頭
岩三郎
新三郎
貞幹四男 1787-99 1799(27)
内藤 政璟 従五位下
播磨守
濤山 春之丞 水野忠鼎十男 1799-1824 1836(52)
内藤 政民 従五位下
因幡守
造酒 酒井忠徳五男 1824-55 1855(50)
内藤 政恒 従五位下
播磨守
光亨
起之進
伊賀守
松平光庸四男 1855-59 1859(24)
内藤 正敏 従五位下
因幡守
勝之丞 内藤政ヨシ
(又の右脇に丶)
長男
1859-63 1863(21)
内藤 政養 長寿麿 政恒三男 1863-68 1911(55)
1868列藩同盟に
参加、隠居謹慎
内藤 政憲 湯長谷藩知事 英之助 大炊御門家孝男 1869-71 1919(72) 1869減封
14,000石
1871廃藩置県
息子・政潔
のとき子爵


福島藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔本多家〕
本多 忠国 従五位下
中務大輔
政義
政武
小次郎
平八郎
松平頼元二男
本多政長養子
1679-82 1704(39)
(池田綱政女)
1679郡山城
(大和)襲封
120,000石
同年、福島城(陸奥)
150,000石
1682姫路城
(播磨)転封
〔堀田家〕 
堀田 正仲 従四位下
下総守
常楽院
其阿法漢
映性
左京 堀田正俊長男 1686-94 1694(33)
(池田綱政女)
1685山形城(出羽)
100,000石
1686福島城
堀田 正虎 従五位下
伊豆守
織部 正俊二男 1694-1700 1729(68) 永井尚申女
1700山形城
(出羽)転封
〔板倉家〕
板倉 重寛 従五位下
甲斐守
実崇院
義峰源卓
重長
重知
千次郎
式部
(致仕後)
将監
板倉重種長男 1702-17 1721(53) 亀井茲政女 1683父重種
旧領のうち、
坂木(信濃)
30,000石相続
1702福島城
板倉 重泰 従五位下
出雲守
大通院
了雲源智
重信
千之助
重寛長男 1717-18 1718(28) 水野忠直女
板倉 勝里 従五位下
甲斐守
真空院
徹参源慧
正幸
重房
靱負
式部
高木正陳二男 1718-43 1743(38)
(相馬昌胤女)
板倉 勝承 従五位下
内膳正
玄泰院
寛道源通
式部 勝里長男 1743-65 1765(31) 銕子
(京極高矩女)
板倉 勝任 兵庫 諦了院
宗心源洞
富之助 勝里二男 1765-66 1766(31)
板倉 勝行 従五位下
備中守
寛亨院
廓照源明
安之丞
蔵人
板倉勝澄四男 1766-73 1773(22)
板倉 勝矩 従五位下
河内守
桃渓院
仙翁源齢
定五郎 板倉勝清五男 1773-75 1775(34)
板倉 勝長 従五位下
内膳正
泰寿院
仙峰源久
伊三郎 勝矩二男 1776-1815 1815(55) 八重
(脇坂安親女)

(本多忠薫女)
板倉 勝俊 従五位下
甲斐守
玉翁院
崑山源耀
亥三郎
右近将監
勝長長男 1815-34 1841(54)
(上杉治広女)
板倉 勝顕 内膳正 松園 鑑之助
刑部少輔
勝俊長男 1834-66 1877(64)
(上杉斉定女)
板倉 勝尚 甲斐守 容園 勝己
尚吉
勝顕長男 1866-68 1924(74) 藤子
(渡辺当忠女)

1868列藩同盟に
参加、隠居謹慎
板倉 勝達 内膳正 銑之助
教之助
板倉勝定
(勝長男)
長男
1868 1868-69
(松原作左衛門女)
稲子
(細川行芬女)
1868減封相続
28,000石
1869大沼郡内(陸奥)
同年、重原
(三河)転封


梁川藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔松平(尾張)家〕 
松平 義昌 従四位下
左少将
出雲守
得安院
洪誉原境
活法
義則
次郎太
出雲
徳川光友三男 1683-1713 1713(63) 1683新封
梁川(陸奥)
30,000石
松平 義方 従四位下
左少将
出雲守
晴寥院
源誉澈水
義照
義賢
久太郎
求馬
右近将監
右近大夫
義昌長男 1713-21 1721(36)
松平 義真 従四位下
侍従
式部大輔
善暁院
本誉速証
源然
求馬
義貞
義方長男 1721-29 1729(16)
1729無嗣
松平 通春 従四位下
侍従
主計頭
万五郎
求馬
徳川綱誠十八男 1729-30 1764(69) 1729再封
1730尾張藩徳川継友
継嗣(=徳川宗春)
梁川松平家消滅
〔松前家〕
松前 章広 従五位下
志摩守
勇之助
敷広
松前道広長男 1807-21 1833(59) 1792福山館
(蝦夷地)襲封
10,000石以上格
1807梁川(陸奥)および
常陸・上野国内
9,002石(込高18,626石)
1821福山館復帰


守山藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
松平 頼貞 従四位下
左少将
大学頭
荘侯
義山
大学
(致仕後)
直指
松平頼元長男 1700-43 1744(80) 1693額田
(常陸)襲封
20,000石
1700守山(陸奥)
松平 頼寛 従四位下
侍従
若狭守
頃侯
黄竜
仙子
武次郎
雄次郎
一学
主税
頼母
頼貞三男 1743-63 1763(61)
松平 頼亮 従四位下
侍従
式部大輔
簡侯 頼種
徳之進
美作守
頼寛三男 1763-1801 1801(58)
松平 頼慎 従四位下
侍従
大学頭
徳侯 栄之允
敏麻呂
式部大輔
頼亮二男 1801-36 1836(61)
松平 頼誠 従四位下
侍従
大学頭
祁侯 繁麻呂
刑部大輔
頼慎長男 1836-62 1862(60)
松平 頼升 守山藩知事 蛟竜 掃部頭
大学頭
頼誠三男 1862-69 1872(41)
松平 頼之 守山藩知事 昭鄰
二十二麿
徳川斉昭二十二男 1869-70 1873(16)
1870松川(常陸)へ
藩庁を移転


桑折藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
松平 忠尚 従五位下
宮内少輔
聞修院
秀峯義節
乗高
乗守
源次郎
宮内大輔
松平乗久長男
松平忠弘養子
1688-1719 1726(76) 1688陸奥白河藩
松平家より分家
20,000石
1700桑折(陸奥)
松平 忠暁 従五位下
玄蕃頭
高松院
雲峯浄関
乗包
留之助
小三郎
松平乗春五男 1719-36 1736(46) 寺社奉行
松平 忠恒 従五位下
宮内少輔
定太郎
大蔵少輔
忠暁二男 1736-47 1768(49)
1736篠塚
(上野)転封
奏者番


下村藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
田沼 意明 従五位下
淡路守
紹徳院
就道不宰
竜助 田沼意知長男 1787-96 1796(24) 1787遠江相良藩主
意次(祖父)の継嗣
下村(陸奥)
10,000石
田沼 意壱 従五位下
左衛門佐
天稟院
隆岳道栄
意吉
万吉
万之助
意知二男 1796-1800 1800(21)
田沼 意信 従五位下
主計頭
万章院
温質道厚
鎌之丞 意知四男 1800-03 1803(22)
田沼 意定 従五位下
主計頭
謙厚院
玄体義霊
幾之助 田沼意致
(意知従弟)
六男
1803-04 1804(21)
田沼 意正 従五位下
玄蕃頭
忠徳
金弥
中務少輔
玄蕃
意次四男 1804-23 1837(78)
1804相良(遠江)
転封
若年寄


下手渡藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
立花 種善 従五位下
豊前守
真巌院
実恩紹報
順之助
和泉守
立花種周四男 1806-32 1832(39) 1805三池(筑後)襲封
10,000石
1806下手渡(陸奥)
立花 種温 従五位下
主膳正
円体院
智鑑紹永
総之丞 種善長男 1833-49 1849(39)
立花 種恭 出雲守 鐘之助 立花種道
(種周二男)
長男
1849-68 1905(70)
1868三池復封
会計総裁



(2009.01.03up)


史料好きの倉庫へ戻る