奈良県(和州)の主要大名


   奈良県は大和朝廷の本拠地であり、古くは倭・葛城・闘鶏などの国造が統治していましたが、大化の改新により国造が廃止され、大倭→大養徳→大和(発音はいずれも「やまと」)と称されました。吉野郡には8世紀半ば頃に一時芳野監が分置されています。『延喜式』では15郡。平安朝期には寺社の勢力が強く、興福寺をはじめとする寺社領の荘園が多く見られました。鎌倉幕府・建武政権はいずれも、興福寺(一乗院・大乗院の両門跡)に対し、検断職に相当する守護の権限を認めており、その後、吉野地方は南朝勢力の拠点となりました。室町期には官符衆徒(寺務の被官である僧兵)や国民(在俗の春日社神職)の組織が拡充され、戦国期には筒井家と越智家とが国内を二分して抗争、のち松永久秀が大和を軍事占領しましたが、織田信長の進出により統一され、筒井家が事実上の守護の地位を獲得しました。豊臣秀吉は筒井家を伊賀へ移し、羽柴秀長に大和を与えましたが、その子・秀保が没すると秀吉は大和を中小大名領に分割しました。江戸期には奈良奉行が置かれ、吉野も幕領となり、郡山藩(中期以降柳沢家)、高取藩(植村家)、柳生藩(柳生家)など8藩が分立しました。1871年の廃藩置県により奈良県が成立、1876年には堺県に合併、さらに1881年には大阪府に合併されましたが、1887年、旧大和国をもって奈良県が再置されました。

   興福寺一乗院   興福寺大乗院   越智家   箸尾家   十市家   筒井家   柳生家→柳生藩   松永家   大和国主/郡山藩   高取藩   松山藩   布施藩→新庄藩→櫛羅藩   御所藩   竜田藩   小泉藩=片桐家   戒重藩→芝村藩=織田家   柳本藩=織田家   田原本藩=平野家 


興福寺一乗院

法名 僧官/称 他の名 続柄 門跡在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
覚信 大僧正 一乗院 藤原師実男 ?-1121 1121(57) 興福寺一乗院
(大和)
別当
玄覚 僧正 中僧正 藤原師実男 別当
覚英 少僧都 藤原師通男
恵信 大僧正 覚継 藤原忠通男 1165
信円 大僧正 菩提山 藤原忠通男 1166-72
1177-1208?
1224(72) 別当
大乗院兼帯
良円 大僧正 九条兼実男 1208?-20 1220(42) 別当
実信 大僧正 発心院 近衛基通男 1220-56 1256(58) 別当
大乗院兼帯
実静 少僧都 近衛家実男
信昭 大僧正 近衛兼経男 別当
隆信 禅師 九条忠家男
覚恵 禅師 竜華院 九条忠教男
覚昭 大僧正 近衛基平男 1308 別当
良信 大僧正 鷹司基忠男 ?-1319 1329 別当
良覚 大僧正 近衛家基男 1319-32 1332 別当
信助 得業 近衛家基男 1332-37 1337(18)
覚実 大僧正 近衛家平男 1337-51 1351 別当
玄円法親王 後醍醐天皇第十三皇子
実玄 権少僧都 近衛経忠男
良玄 大僧正 准三后 尊良親王王子
二条良基猶子
良昭 大僧正 後喜光寺 近衛道嗣男 1402 別当
玄昭 得業 近衛兼嗣男 1394
良兼 権僧正 後超昇寺 近衛道嗣男 1394-1414 1414(30) 別当
昭円 大僧正 鷹司冬家男
教玄 大僧正 鷹司房平男 1472 別当
信玄 得業 鷹司房平男
良誉 大僧正 近衛政家男 別当
覚誉 大僧正 近衛尚通男 1562 別当
覚慶 権少僧都 (還俗後)
義秋
義昭
征夷大将軍
足利義晴二男 1562-65 1597
尊勢 大僧正 准三后 近衛前久男 ?-1616 1616 別当
尊覚法親王 二品 明了院宮 後陽成天皇第十皇子 1618-61 1661(54) 別当
(以後省略)


興福寺大乗院

法名 僧官/称 他の名 続柄 門跡在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
尋範 大僧正 内山 藤原師実男 ?-1174 1174(82) 興福寺大乗院
(大和)
別当
信円 大僧正 菩提山 藤原忠通男 1174-1208? 1224(72) 別当
一乗院兼帯
実尊 大僧正 中僧正
禅定院
松殿基房男 1208?-36 1236(57) 別当
円実 大僧正 九条道家男 別当
実信 大僧正 発心院 近衛基通男 1256(58) 別当
一乗院兼帯
円実
(再任)
1272(59) 別当
尊信 大僧正 九条教実男 1283(56) 別当
慈信 大僧正 一条実経男 別当
尋覚 大僧正 一条家経男 1317 別当
覚尊 大僧正 九条師教男
慈信
(再任)
1324(68) 別当
聖信 権少僧都 一条内実男 ?-1304
覚尊
(再任)
聖信
(再任)
覚尊
(三任)
別当
聖信
(三任)
覚尊
(四任)
?-1339 1339 別当
孝覚 大僧正 九条房実男 1368 別当
教尊 大僧都 孝尊 九条道教男
教信 権少僧都 讃岐禅師 孝信 九条経教男 1404
教尊
(再任)
孝尋 大僧正 後已心寺 九条経教男 1428(70) 別当
孝円 大僧正 後室峯院 九条経教男 1410(33) 別当
経覚 大僧正 九条経教男 ?-1438 別当
尋尊 大僧正 一条兼良男 1508(79) 別当
政覚 大僧正 二条持通男 1494 別当
慈尋 禅師 一条冬良男 1498 別当
経尋 大僧正 後大喜院 九条政基男 1526(29) 別当
尋円 大僧正 九条尚経男 1581 別当
尋憲 大僧正 二条尹房男 1585(47)
義尋 大僧正 (還俗後)
高山
足利義昭男 1585後-99前 1605(34)
信尊 大僧正 後理趣院 鷹司信房男 1676(80) 別当
(以後省略)


越智家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
越智 家弘 大和源氏一族? 13C初頭 高市郡越智郷
(大和)
(途中未詳)
越智 伊賀守 源太 家弘裔? 14C後半
越智 家高 左衛門尉 伊賀守男? 15C初頭
越智 伊予守 維通? 家高男? ?-1439 1439
1439中絶
越智 家栄 弾正忠 家林?
春童
伊賀守
修理大夫
伊予守男 1441-1500? 1500? 1441再興
高取城(大和)
越智 家令 弾正忠 頼教?
小三郎
刑部少輔
家栄男 1500?-07? 1507?
越智 家教 弾正忠 春竹 家令男 1507?-17 1517(29)
越智 家栄 民部少輔 秀利? 家教男 1517-32前
越智 家広 民部少輔 利之? 家栄
(民部少輔)男
1532前-44
越智 某 細川元常男 1544-?
越智 家高 民部少輔 楢原某
(民部少輔家栄男)
の男
1569-71 1571(26)
越智 家増 伊予守 家益
家盛
家栄
(民部少輔)男
?-1577 1577
越智 家秀 玄蕃頭 家栄
利元
彦七
布施行盛三男 1577-83 1583
1576筒井家与力
として本領安堵
12,000石
1583滅亡
織田家被官


箸尾家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
箸尾 為俊 左兵衛尉 長川荘豪族 1288頃 広瀬郡箸尾郷
(大和)
箸尾 為遠 為俊男?
箸尾 為明 右兵衛尉 為遠男?
箸尾 為英 為明男? 1351頃
箸尾 為儀 右兵衛尉 次郎 為英男
箸尾 為妙 次郎 為儀男 1404前-?
箸尾 為征 右兵衛尉 次郎 為妙男
箸尾 次郎左衛門 為征男 ?-1439
1439中絶
箸尾 春代 次郎左衛門男 1441-43 1441再興
箸尾 宗信 兵衛尉 為隆? 為征男 1443-67
箸尾 為国 次郎右衛門尉 宗信男 1467-?
箸尾 為時 次郎 上野介? 為国男
箸尾 為高 新次郎 為時男
箸尾 為政 次郎 為高男 ?-1546
1546中絶
箸尾 為綱 為政男 1559-? 1559再興
後、消息未詳
箸尾 高春 宮内少輔 本覚院
心誉浄啓
為綱同族 1580-1600 1615(70) 1580広瀬郡内
(大和)所領安堵
14,000石
1585大和豊臣家臣
1595豊臣直臣
1600関が原の戦で
石田方、改易


十市家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
十市 新次郎 中原氏裔? 1347頃 十市郡十市郷(大和)
十市 遠康 新次郎男 1378頃
十市 遠重 遠康男 1403頃
十市城を築く
十市 遠栄 遠重男 ?-1440 1440
1440中絶
十市 遠清 播磨守 加賀寿丸 遠栄男 1442-? 1442再興
十市 遠相 新左衛門尉 遠清男 ?-1475
1475失領
十市 遠治 新左衛門尉 新次郎 遠相男 1497-1534 1534 1497旧領回復
十市 遠忠 従五位下
兵部少輔
遠治男 1534-45 1545(49)
十市 遠勝 新二郎 遠忠男 1545-69 1569
1569没後、
当主の座が空位
十市 藤政 新二郎 布施某の男 1577-85 1580以後、筒井家臣。
1585伊賀へ移転。
1600筒井家改易に
ともない帰農。


筒井家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
筒井 順覚 出自未詳 ?-1434 1434 唐古某の女 添下郡筒井城
(大和)
筒井 順弘 順覚長男 1434-43 1443
筒井 順永 律師 舜良房 順覚六男 1443-57
1459-76
1476
1457失領
1459復帰
筒井 順尊 舜覚房 栄藤 順永長男 1476-89 1489(39)
筒井 順賢 法印 良舜房 藤王 順尊長男 1489-1521頃 越智某の女
1506失領
1508復帰
筒井 順興 法印 順尊二男 1521頃-35 1535(52) 越智家令女
筒井 順昭 栄舜房 藤松 順興長男 1535-49 1550(28) 山田順貞妹
筒井 順慶 法印 陽舜房 藤勝
藤政
順昭長男 1549-84 1584(37) 九条某の女
1576本領安堵
1580郡山城
大和一円支配
180,000石
織田家被官
後、豊臣家被官
筒井 定次 従四位下
侍従
小泉四郎
藤松
藤四郎
慈明寺順国二男
(順昭外孫)
1584-85 1615(54) 秀子
(織田信長女)

1585上野城
(伊賀)転封
豊臣家臣


柳生家→柳生藩

代  氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
1 中坊 永珍 播磨守 柳生荘官の裔 1333後-? 添上郡柳生荘
(大和)
2 奈良 家重 備前守 弥阿弥陀仏 永珍男
3 奈良 道永 三河守 家重男
4 奈良 家宗 孫次郎 道永男
5 柳生 光家 新六郎 家宗男 1500頃
6 柳生 重永 因幡守 光家男
7 柳生 家厳 美作守 卜雲 重永男 1541前-77 1584(89)
1577失領
松永家被官
8 柳生 宗厳 但馬守 芳徳院
荘雲宗厳
新介
新左衛門
石舟斎
家厳長男 1577-94 1606(80) (山中閑居)
9 柳生 宗矩 従五位下
但馬守
贈従四位下
西江院
大道宗活
新左衛門
又右衛門
宗厳五男 1594-1646 1646(76) 1594徳川家仕
1600柳生復帰
2,000石
後、累増
6,000石
1636加増
10,000石
1640加増
12,500石
大目付
10 柳生 三厳 十兵衛 長岩院
金甫宗剛
七郎 宗矩長男 1646-50 1650(44)
1646分知
8,300石
書院番
11 柳生 宗冬 従五位下
飛騨守
常林院
召大厳勝
俊矩
又十郎
主膳
大膳
宗矩三男 1650-75 1675(63)
1668加増
10,000石
12 柳生 宗在 従五位下
対馬守
寂光院
霊鋒宗剣
又右衛門 宗冬二男 1675-89 1689(36)
13 柳生 俊方 従五位下
備前守
翠峯院
機運紹鑑
帯刀 柳生宗春
(宗冬長男)
長男
1689-1730 1730(58)
14 柳生 俊平 従五位下
飛騨守
得真院
心源妙証
六弥
靱負
但馬守
松平定重十一男 1730-42 1768(70)
15 柳生 俊峯 従五位下
備前守
大心院
随転紹幽
亀之丞
采女
但馬守
真田信弘四男 1742-63 1763(45)
16 柳生 俊則 従五位下
但馬守
寛弘院
仁叟義勇
賢広
為次郎
采女
采女正
能登守
松前邦広二男 1763-1807 1816(87)
17 柳生 俊豊 従五位下
但馬守
要信院
大友宗根
光致
久次郎
飛騨守
柳沢保光六男 1807-20 1820(31)
18 柳生 俊章 従五位下
飛騨守
大機院
智峯紹転
英次郎
但馬守
俊豊長男 1820-49 1862(54)
19 柳生 俊能 従五位下
飛騨守
大源院
天真紹性
雄七郎 田沼意正二男 1849-50 1850(21)
20 柳生 俊順 徐五位下
但馬守
陽徳院
剛厳宗建
銈之丞
対馬守
武田信之二男 1850-62 1862(27)
21 柳生 俊郎 柳生藩知事 俊益
鋎五郎
但馬守
武田信之五男 1862-71 1927(77)
1871廃藩置県
子爵


松永家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
松永 久秀 従四位下
弾正少弼
妙久寺
祐雪
弾正忠
道意
出自未詳 1540前-63 1577(68?) はじめ三好家臣
1559信貴山城(大和)
1561多聞城(大和)
1563家督を久通に
譲るも畿内統治
1577滅亡
松永 久通 従五位下
右衛門佐
高岳院
久通
義久
彦六
右衛門大夫
久秀長男 1563-77 1577(35) 1563多聞城主
1573信貴山城移転
1577父とともに滅亡


大和国主/郡山藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 国主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔豊臣(大和)家〕
豊臣 秀長 従二位
権大納言
大光院
春岳紹栄
長秀
小竹
小一郎
美濃守
築阿弥の男
豊臣秀吉異父弟
1585-91 1591(52)
(秋篠伝左衛門女)
1583姫路城(播磨)
1585和歌山城(紀伊)
640,000石
同年、郡山城(大和)
1,000,000石
豊臣 秀保 従三位
権中納言
瑞光院
花岳妙喜
秀俊
辰千代
三好吉房三男
豊臣秀吉甥
1591-95 1595(17) きく(秀長女)
1595無嗣、絶家
〔増田家〕
増田 長盛 従四位下
侍従
右衛門尉
仁右衛門 出自未詳 1595-1600 1615(71) 森可成女? 1584新封、近江国内
20,000石
1590加増
60,000石
1595郡山城
200,000石
1600関が原の戦で
石田方、改易
〔水野家〕
水野 勝成 従五位下
日向守
国松
藤十郎
六左衛門
水野忠重長男 1615-19 1651(88) 登久
(三村家親養女)
1600刈屋=刈谷城
(三河)襲封
30,000石
1615郡山城
60,000石
1619福山城
(備後)転封
〔松平(奥平)家〕
松平 忠明 従四位下
侍従
下総守
清匡
鶴松丸
奥平信昌四男
徳川家康養子
1619-39 1644(62) 織田信包女
小出吉政女
1615大坂城(摂津)
100,000石
1619郡山城(大和)
120,200石
1639姫路城
(播磨)転封
〔本多家(嫡系)〕
本多 政勝 従四位下
侍従
内記
長徳院
泰誉迎和
道永
入道丸 本多忠朝長男
本多政朝養子
1639-71 1671(58) 有馬直純女 1639姫路城
(播磨)襲封
150,000石
同年、郡山城
本多 政長 従五位下
中務大輔
高松院
法誉性信
涼翁
勘右衛門
市正
本多政朝二男 1671-79 1679(47) フウ
(山内忠豊女)

1671分知
先封を合わせ
120,000石
本多 忠国 平八郎 政義
政武
小次郎
松平頼元二男
(本多忠政外曽孫)
1679 1704(39)
1679福島城
(陸奥)転封
〔松平(藤井)家〕
松平 信之 従五位下
日向守
次郎四郎 松平忠国二男 1679-85 1686(56) 小出吉英女 1659明石城
(播磨)襲封
65,000石
1679郡山城
80,000石
1685古河城
(下総)転封
〔本多家(忠義系)〕
本多 忠平 従四位下
下野守
高秀院
英誉一峯
性続
唐之助 本多忠義長男 1685-95 1695(64) 奈阿
(池田光政女)
1681宇都宮城
(下野)襲封
110,000石
1685郡山城
本多 忠常 従四位下
能登守
泰譲院
真誉有謙
万之助 本多忠義六男 1695-1709 1709(49)
(浅野綱晟女)
本多 忠直 従五位下
信濃守
遷妙院
顕忠日直
大蔵
越中守
本多忠晴
(忠義四男)長男
1709-17 1717(48) 石井某の女
本多 忠村 唐之助 玉巌院
霊光智照
忠直二男 1717-22 1722(13)
1722無嗣
本多 忠烈 喜十郎 桂岳院
清貞自香
忠直四男 1722-23 1723(8) 1722継嗣、相続
50,000石
1723無嗣、絶家
〔柳沢家〕
柳沢 吉里 従四位下
侍従
甲斐守
乾徳院
瑞竜全利
安暉
安貞
兵部
越前守
伊勢守
柳沢吉保長男 1724-45 1745(59) 頼子
(酒井忠挙女)
1709甲斐府中城襲封
151,288石
1724郡山城
公称松平
柳沢 信鴻 従四位下
美濃守
仏心院
無誉祐阿
香山
米翁
義稠
信卿
伊信
久菊
(致仕後)
左兵衛督
吉里四男 1745-73 1792(69) 伊達村年女
真田信弘女
柳沢 保光 従四位下
甲斐守
止観心院
堯山飲明
安信
久菊
造酒正
信鴻長男 1773-1811 1817(65)
(松平輝高女)
柳沢 保泰 従四位下
侍従
甲斐守
俊徳院
仁立高猷
信近
光雄
勝三郎
右八郎
保光二男 1811-38 1838(57) 貞子
(戸田氏教女)
柳沢 保興 従四位下
甲斐守
天寧院
鎮山全功
信求
鏐之介
造酒正
保泰長男 1838-48 1848(34)
(島津重豪女)
柳沢 保申 郡山藩知事 保徳
時之助
甲斐守
保興三男 1848-71 1893(48) 明子
(一条忠香女)

1871廃藩置県
1868柳沢に復す
伯爵


高取藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔本多(因幡守)家〕
本多 利久 従五位下
因幡守
半右衛門
太郎左衛門
出自未詳 1585-95前 1603 1585高取城(大和)
25,000石
大和豊臣家臣
本多 俊政 従五位下
因幡守
利生院
月秀阿春
正武
利朝
半右衛門
利久男 1595前-1608 1608(60) 尾藤下野守女
楢原右衛門大夫女

1595独立大名
本多 政武 従五位下
因幡守
雲竜院
空休道一
大学
左京亮
俊政男 1608-37 1637(40) 板倉重宗女
1637無嗣、絶家
〔植村家〕
植村 家政 従五位下
出羽守
本真院
了覚日栄
幸千代
新六郎
志摩守
植村家次長男 1640-50 1650(62) 植村泰忠女 1599邑楽郡内
(上野)襲封
500石
後、累増
9,000石
1640高取城
25,000石
大番頭
植村 家貞 従五位下
右衛門佐
泰祥院
一峯空顕
家吉
右衛門
家政三男 1650-87 1690(73) 織田信則女
井上正利女

1658分知
22,000石
植村 家言 従五位下
出羽守
高性院
幽山素玄
家知
万之助
家貞二男 1687-96 1696(34) 松平信之女
酒井忠直女

1687分知
20,500石
植村 家敬 従五位下
出羽守
正善院
仁岳道義
家隆
家春
九郎八
新六郎
右衛門佐
植村政成
(家貞長男)
長男
1696-1731 1731(52)
(松平近禎女)

(酒井忠与女)
植村 家包 従五位下
出羽守
随縁院
実応性遍
政文
刑部
刑部少輔
植村政広
(家政曽孫)
長男
1731-38 1738(29) 佐野察行女
植村 家道 従五位下
出羽守
等覚院
観道性応
三蔵 家敬四男 1738-67 1767(38) 知衛
(松平頼渡女)
植村 家久 従五位下
出羽守
諦観院
頓悟宗円
九郎八
新六郎
家道長男 1767-78 1778(27)
(本多忠敞女)
植村 家利 従五位下
右衛門佐
到岸院
観山道勇
六三郎
出羽守
家道四男 1779-85 1785(27)
(伊達村候女)
奏者番
植村 家長 従四位下
侍従
駿河守
浄徳院
顕誠有隣
熊五郎
熊之助
兵部
兵部少輔
出羽守
家道二男 1785-1828 1828(75) 於万世
(松平忠恕女)

1826加増
25,000石
老中格
植村 家教 従四位下
出羽守
厳光院
智達映雲
鉄喜千
伊勢守
(致仕後)
兵部大輔
家長三男 1828-48 1860(74) 冨貴
(大久保忠成女)
植村 家貴 従五位下
出羽守
徳現院
浄雲普光
長蔵
刑部
美濃守
駿河守
家長四男 1848-53 1853(47) 貞寿
(南部信真女)
奏者番
植村 家興 大蔵 映顕院
彰感円通
大村純昌九男
(家包外玄孫)
1853 1853(19)
植村 家保 駿河守
(廃藩後)
権少教正

熊之助
出羽守
本多康禎五男 1853-68 1896(60)
(水野忠義女)
植村 家壺 高取藩知事
(廃藩後)
陵墓監
釗八郎
羽前守
本多忠鄰六男 1868-71 1920(74) 生子(家貴女)
1871廃藩置県
子爵


松山藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔福島家〕
福島 高晴 従五位下
掃部頭
福生院
道牛
正頼
助六郎
福島正信二男 1600-15 1633(61) 1585新封、伊予国内
5,000石
1594長島城(伊勢)
10,000石
1600松山城(大和)
31,717石
1615落度、改易
孫・忠政が復家
寄合となり
下野国内500石
〔織田家〕
織田 信雄 正二位
右大臣
徳源院
実巌常真
具豊
信意
信勝
茶筅丸
三介
織田信長二男 1615-30 1630(73) 1575北畠具教養子
田丸城(伊勢)
1576織田家に還る
1580松島城(伊勢)
1582清州城(尾張一国)
1590改易、配流
1615再封、松山
50,000石
1616分知
31,200石
織田 高長 従四位下
侍従
出雲守
瑞泉院
一岩宗徹
信友
乱麻呂
信雄五男 1630-59 1674(85)
織田 長頼 従四位下
侍従
山城守
徳雲院
回岩宗頂
信尚
右近
伊豆守
高長二男 1659-89 1689(70)
織田 信武 従四位下
伊豆守
円明院
定岩宗恵
長通
長国
乱麻呂
右近
出雲守
長頼長男 1689-94 1694(40)
1694自殺
織田 信休 従五位下
壱岐守
信恒
右近
信武長男 1694 1722(45) 1695父の自殺により
柏原(丹波)へ転封


布施藩→新庄藩→櫛羅藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔桑山家〕
桑山 一晴 従五位下
修理大夫
逢春院
機伯正活
小藤太 桑山一重長男
桑山重晴承祖
1600-04 1604(30) 1600和歌山城
(紀伊)襲封
20,000石
同年、布施(大和)
後、祖父の養老
料を分割して
16,000石
桑山 一直 従五位下
左衛門佐
雲叔紹閑 久八 一重二男 1604-36 1636(59)
後、分知
13,000石
桑山 一玄 従五位下
修理亮
清叔宗浄 一貞
左内
一直長男 1636-77 1684(74)
桑山 一尹 従五位下
美作守
三之助 一玄長男 1677-82 1683(39)
1677分知
11,000石
1682不敬により改易
〔永井家〕
永井 直円 従五位下
能登守
法雲院
花顔誼円
直員
直好
万之丞
大膳
靱負
永井尚征六男
永井尚長継嗣
1680-1710 1736(66) 1680兄・宮津藩主
尚長の横死後、
名跡相続
新庄領内(大和)
10,000石
永井 直亮 従五位下
播磨守
清節院
直心一指
直恒
直之助
直円二男 1710-37 1737(45) 大坂定番
永井 直国 従五位下
信濃守
岱雲院
顕功英岳
直良
金弥
直亮二男 1737-65 1765(43)
永井 直温 従五位下
信濃守
本源院
仁峯道智
大膳
伝八郎
直国二男 1765-95 1795(49) 大坂定番
永井 直方 従五位下
信濃守
真翁院
勇心見性
銕次郎
伝八郎
直温長男 1795-1825 1825(44) 大番頭
永井 直養 従五位下
信濃守
勇恭院
仁翁爛義
伝八郎
播磨守
直方長男 1825-50 1854(52)
永井 直幹 信濃守 伝八郎
若狭守
信濃守
(致仕後)
播磨守
永井尚佐七男 1850-63 1882(54)
1863櫛羅(大和)
に陣屋を築く
大番頭
永井 直壮 従五位下
信濃守
寛隆院
懐瑄泰柔
伝八郎 永井直次二男 1863-65 1865(19)
永井 直哉 櫛羅藩知事 伝八郎
信濃守
井上正滝五男 1865-71 1912(62)
1871廃藩置県
子爵


御所藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
桑山 元晴 従五位下
伊賀守
禅渓院
三叔紹玄
長兵衛 桑山重晴二男 1600-20 1620(58) 1600新封、御所(大和)
2,000石
同年、父の封地分与、
合計10,000石
1609加増
26,340石
桑山 貞晴 従五位下
加賀守
法性院
大源紹用
主殿 元晴二男 1620-29 1629(26)
1629無嗣、廃絶


竜田藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
片桐 且元 従五位下
東市正
顕孝院
三英宗元
直倫
直盛
且盛
助佐
片桐直貞長男 1601-15 1615(60) 1583以前、新封
3,000石
1595加増
10,000石
1601竜田(大和)
28,000石
豊臣家臣
1614豊臣家退去
1615加増
40,000石
片桐 孝利 従五位下
出雲守
祥雲院
真英宗誓
元包
次郎助
且元二男 1615-38 1638(38)
1638無嗣
片桐 為元 半之丞 法性院
即応玄心
且元四男 1638-54 1654(44) 1638継嗣
10,000石
片桐 為次 助作 実相院
如岳宗雲
為元長男 1654-55 1655(15)
1655無嗣
弟・且昭が3,000石
で継嗣、その養子・
貞就のとき絶家


小泉藩=片桐家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
片桐 貞隆 従五位下
主膳正
入不宗忍 久盛
政盛
光長
駒千代
加兵衛
片桐直貞二男 1601-27 1627(68) 1583以前、新封
後、累増
2,246石
1601小泉(大和)
10,013石
豊臣家臣
1614加増
15,020石
同年、豊臣家退去
1625加増
16,488石
片桐 貞昌 従五位下
石見守
高林院
三叔宗閑
貞俊
鶴千代
長三郎
貞隆長男 1627-73 1673(69)
1627分知
13,488石
関東郡奉行
片桐 貞房 従五位下
主膳正
独真軒
心叔宗鎮
友之助
長七郎
三郎兵衛
貞昌三男 1674-1710 1710(69)
1684与力三人が
幕府より追放
本知のみの石高
11,129石となる
大番頭
片桐 貞起 従五位下
石見守
僊叔宗昇 鶴松
権之丞
内記
松田貞尚
(貞昌四男)
二男
1710-41 1741(73)
片桐 貞音 従五位下
主膳正
真常院
有叔宗悟
勝之助 貞起二男 1741-50 1750(39)
片桐 貞芳 従五位下
石見守
松濤軒
学叔宗習
貞陳
孫之丞
貞音長男 1750-87 1805(66)
片桐 貞彰 従五位下
主膳正
桃林軒
源叔宗泉
孫千賀
主膳
貞芳長男 1787-1815 1822(52)
片桐 貞信 従五位下
石見守
遜斎
覚叔宗円
輔五郎 貞彰長男 1815-42 1848(47) 大番頭
片桐 貞中 従五位下
主膳正
清涼軒
焙叔宗鼎
精一郎 貞信長男 1842-43 1843(17)
片桐 貞照 従五位下
石見守
大英軒
賢叔宗際
助作 貞信四男 1843-62 1862(24)
片桐 貞利 鋚一郎 薫斎
宗悠
本庄道美二男 1862 1862
片桐 貞篤 小泉藩知事 宗貫 鈔二郎 松平頼功長男 1862-71 1883(43)
1871廃藩置県
長男・貞健
のとき子爵


戒重藩→芝村藩=織田家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
織田 長政 従五位下
左衛門佐
長嶺院
芳岩卜斎
荘蔵
丹後守
織田長益四男 1615-59 1670(84) 1615父・味舌藩主
長益より分家
戒重(大和)
10,000石
織田 長定 従五位下
豊前守
保善院
髙巌亮照
左近 長政長男 1659-72 1672(56)
織田 長明 主殿 隆沢院
懿巌英範
長定長男 1672-83 1699(39)
織田 長清 従五位下
丹後守
普放院
雄巌堅将
安千代
内匠
織田長頼三男 1683-1714 1722(61)
1704岩田(大和)に
居所を移転
1713幕命により
芝村と名称変更
織田 長弘 主税 英選院
軒巌宗昂
竹助 長清三男 1714 1714(19)
織田 長亮 従五位下
肥前守
天高院
秀巌赫運
輔世
又助
長清五男 1714-33 1733(36)
織田 輔宜 従五位下
丹後守
瑞岱院
貴巌菊翁
幸次郎 長亮長男 1733-78 1799(68)
織田 長教 従五位下
豊前守
岱樹院
俊巌栄翁
紫竜
栄三郎 長亮三男 1778-95 1815(84)
織田 長宇 従五位下
左衛門佐
弘顕院
文巌英章
芳山
蘭水
徳三郎 長教長男 1795-1826 1839(74)
織田 長恭 丹後守 芦風 愛之助 長宇三男 1826-52 1879(79)
織田 長易 芝村藩知事 弾山 主水
豊前守
摂津守
遠山友寿三男 1852-71 1873(50)
1871廃藩置県
二男・長純
のとき子爵


柳本藩=織田家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
織田 尚長 従五位下
大和守
林泉院
雲岩宗光
重尚
武蔵守
越後守
織田長益五男 1615-37 1637(42) 1615父・味舌藩主
長益より分家
大泉(大和)
10,000石
後、柳本(大和)に
居所を移転
織田 長種 修理亮 真源院
泰室華光
尚長長男 1638-43 1643(27)
織田 秀一 従五位下
信濃守
円常院
梅嶺指月
長盛
源十郎
長種長男 1643-87 1687(49)
織田 秀親 監物 祥光院
椿岑宗久
長昌
源七郎
秀一長男 1687-1709 1709(48)
織田 成純 従五位下
播磨守
竜徳院
円巌宗澄
秀将
長教
秀俊
源三郎
右京
左京
豊後守
(致仕後)
信紀
大詢
秀一二男 1709-24 1729(54)
織田 秀行 従五位下
伊予守
巌光院
本照宗然
虎丸
求馬
秀親五男 1724-26 1726(30)
織田 信方 従五位下
下野守
峯徳院
普光宗智
吉次郎 織田信清三男 1726-41 1741(30)
織田 秀賢 従五位下
信濃守
円証院
覚応義正
安次郎
(致仕後)
出羽守
安房守
信方長男 1741-63 1784(55)
織田 長恒 従五位下
筑前守
享徳院
謙光宗流
亀次郎
左京
信方五男 1763-66 1766(28)
織田 秀綿 従五位下
大和守
法光院
通山宗貫
富十郎
筑前守
秀賢三男 1766-1806 1806(51)
織田 信陽 従五位下
安芸守
泰信院
謙巌宗雲
秀陽
芳次郎
秀綿七男 1806-57 1857(63)
1852城主格
織田 信成 筑前守 秀茂
万寿九郎
信陽九男 1857-68 1898(56)
織田 信及 柳本藩知事 修理
大和守
信陽十男 1868-71 1889(46)
1871廃藩置県


田原本藩=平野家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
平野長泰(従五位下・遠江守。1583近江・河内二国内3,000石、1595大和田原本5,000石)-長勝⇒長政(従五位下・丹波守)
-長英⇒長暁⇒長里(従五位下・遠江守)-長純-長興-長発-
平野 長裕 田原本藩知事 亀松丸
内蔵助
遠江守
長発長男 1868-71 1772(28) 1854田原本襲封
5,000石
1868高直し
10,001石
大名に列す
1871廃藩置県
長男・長祥
のとき男爵



(2016.12.26up)


史料好きの倉庫へ戻る