鳥取県(因伯)の主要大名


   鳥取県は古くは、東部は稲葉国造、西部は伯岐国造が支配していましたが、大化の改新により因幡国・伯耆国となりました。『延喜式』では、因幡は7郡、のち8郡、伯耆は6郡。平安朝期の荘園は高庭荘(東大寺領)・東郷荘(松尾社)など。鎌倉期の守護は、因幡が海老名家など。伯耆ははじめ金持家、のち六波羅探題南方(北条一門)が兼補。南北朝期に山名家が北朝方の伯耆守護となり、次第に名和家らの南朝方を圧倒、のち因幡守護職も獲得し、室町期にも因伯両国の支配権を保持しました。戦国期に入ると山名家が衰退し、国人勢力が台頭、また尼子家、のち毛利家が因伯へ進出しました。戦国末には豊臣秀吉が毛利家を破って、因幡と伯耆東部を制圧し、南条家など中小大名5家を置きました。関が原の戦・大坂の陣を経て、池田(嫡流)家が因伯二国(伯耆大山領を除く)を与えられ、1632年に備前と入れ替わって池田(相模守)家が入封し、鳥取藩として二国を支配しました。1871年の廃藩置県により鳥取県が成立、1876年に島根県へ統合されましたが、1881年に至って再び鳥取県が分置されました。

 因幡守護職   伯耆守護職   山名(氏冬系)家   草苅家   南条家   鳥取藩   鹿野藩   若桜藩   米子藩   黒坂藩   倉吉領   


因幡守護職(室町時代)

氏名 官位/仮名 法名/号 在任期間 備考
吉良 貞家 修理権大夫 1336-46
上総 左馬助 1346-?
今川 頼貞 駿河守 1350-?
高 師秀 越後刑部允 1352
山名 時氏 左京大夫 1363-64
(以後は氏冬系山名家を参照)


伯耆守護職(室町時代)

氏名 官位/仮名 法名/号 在任期間 備考
石橋 和義 左衛門佐 1336-37
山名 時氏 伊豆守・左京大夫 道静 1337前-51
1363
山名 時羲 弾正少弼・伊予守 1363-89
山名 氏幸(氏之) 右馬頭 源賛 1389-90
1392-1424
山名 満幸 播磨守 1390-91
山名 教之 鶴房丸・兵部少輔・相模守 1427-73
山名 政之 六郎・相模守 1481-92
山名 尚之 1494?
山名 澄之 1521-24


山名(氏冬系)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
山名 氏冬 中務大輔 鎮国静光 山名時氏三男 ?-1370 1370 因幡国内 1365-70
因幡守護
山名 氏家 中務権大輔 氏冬男 1370後-1400後 1391-1400
因幡守護
山名 煕貴 中務大輔 煕高
上総介
氏家男 1400後-41 1441 1412-41
因幡守護
山名 勝豊 左衛門佐 治部少輔 山名持豊三男 1441後-67後
1466天神山城を築く
1458-?
因幡守護?
山名 豊時 伊予守 七郎
治部少輔
左衛門佐
勝豊男 1467後-1502? 1459-88
1491-1502
因幡守護
山名 豊重 治部少輔 豊時長男 1502?-12 1512 1504-08
因幡守護
山名 豊頼 左馬助 豊時二男 1512-15 1513-14
因幡守護
山名 豊治 治部少輔 豊重男 1515-22後 1515-22
因幡守護
山名 誠通 従五位下
左馬助
久通
治部少輔
豊頼男 1527前-46 1546
1546滅亡
1527-48
因幡守護
(これ以降の「因幡山名家」は、豊定系山名家を参照)


草苅家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
草苅 貞継 備前守 三郎左衛門尉
右馬頭
草苅基継男 1336前-45後 紫波郡草苅郷(陸奥)
後、智頭郡内(因幡)
1338淀山城を築く
草苅 氏継 従五位下
備前守
次郎
対馬守
貞継男
草苅 満継 従五位下
越後守
佐渡守 氏継男
草苅 秀継 隼人正 太郎左衛門尉 満継男
草苅 盛継 佐渡守 規景 助次郎
三郎左衛門尉
秀継男
草苅 景継 伊賀守 秀巌 景次
三郎左衛門尉
盛継長男 ?-1529 1529
草苅 衡継 従五位下
加賀守
機用院
随応知巌
平継
三郎左衛門尉
景継長男 1529-66前 1569
1532高山城(美作)
草苅 景継 三郎左衛門尉 衡継長男 1566前-75 1575
福岡 重継 対馬守 次郎
太郎左衛門尉
衡継二男 1575-1616 1616(59)
1583高山退去
1584備後国内
2,000石
1600失領
後、長門国内
200余石
小早川家臣
後、毛利家臣
草苅就継(重継長男、草苅に復称)以降、長州毛利家臣として269石を知行。


南条家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
南条 宗貞 但馬守 宗賢? 南条景宗裔? 1514(91) 羽衣石城(伯耆)
南条 宗皓 越前守 宗貞男
南条 宗元 豊後守 決叟宗勝 国清
元清
宗皓男 ?-1570 1575
南条 元続 従五位下
伯耆守
南光院
伯翁全邦
又四郎
勘兵衛
宗元男 1570-91 1591(43)
1580本領安堵
60,000石
南条 元忠 中務大輔 南星院
意安元宅
忠成
政忠
虎熊
元続男 1591-1600 1614(36)
1600関が原の
戦で改易


鳥取藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔宮部家〕
宮部 継潤 中務卿法印 善祥坊 孫八 土肥真舜男 1581-96 1599(72) 1577豊岡城(但馬)
1581鳥取城(因幡)
50,000石
宮部 長煕 従五位下
兵部少輔
長令 長房
定行
継潤男(甥?) 1596-1600 1634(54)
1600関が原の
戦で改易
〔池田(長吉系)家〕 
池田 長吉 従五位下
備中守
隣松院
茂林宗綱
藤三郎 池田恒興三男 1606?-14 1614(45) 伊木忠次女 1585蓮華寺(近江)
10,000石
後、加増
30,000石
1606?鳥取城
60,000石
池田 長幸 従五位下
備中守
次兵衛 長吉長男 1614-17 1632(46) 松子
(森忠政女)

1617松山城
(備中)転封
〔池田(嫡流)家〕
池田 光政 従四位下
左少将
新太郎
幸隆 池田利隆長男 1617-32 1682(74)
(本多忠刻女)
1616姫路城
(播磨)襲封
420,000石
1617幼少に
より減転封、
鳥取城
320,000石
1632岡山城
(備前)転封
公称松平
〔池田(忠継系)家〕
池田 光仲 従四位下
左少将
相模守
興禅院
俊翁羲剛
勝五郎 池田忠雄長男 1632-85 1693(64) 茶々
(徳川頼宣女)
1632岡山城
(備前)襲封
320,000石
1632鳥取城
(因幡一国・
大山領を除く
伯耆国一円)
320,000石
公称松平
池田 綱清 従四位下
左少将
伯耆守
清源寺
良宗常温
新五郎 光仲長男 1685-1700 1711(65)
(南部重信女)
池田 吉泰 従四位下
左少将
相模守
天祥院
機運衍応
輝清
吉明
長吉
勝五郎
右衛門督
池田仲澄
(光仲二男)
長男
1700-39 1739(53)
(前田綱紀女)
池田 宗泰 従四位下
侍従
相模守
大広院
義山衍隆
泰輝
長吉
勝五郎
出羽守
吉泰長男 1739-47 1747(31)
(徳川宗直女)
池田 重寛 従四位下
左少将
相模守
岱岳院
祥雲洪沢
仲穋
重穋
勝五郎
宗泰長男 1747-83 1783(38)
(松平忠刻女)

(徳川宗武女)
池田 治道 従四位下
侍従
相模守
大機院
賢翁紹雄
岩五郎
秀三郎
重寛二男 1783-98 1798(31) 暾子
(伊達重村女)

(徳川重倫女)
池田 斉邦 従四位下
侍従
相模守
真証院
徳応義栄
昭邦
秀三郎
銀之進
治道長男 1798-1807 1807(21)
池田 斉稷 従四位上
左中将
因幡守
耀国院
峻徳光隆
澄一
道彜
永之進
治道二男 1807-30 1830(43) 演子
(上杉治広女)
池田 斉訓 従四位上
左少将
因幡守
瑞徳院
智覚良温
誠之進 斉稷二男 1830-41 1841(22) 益子(=泰。
徳川家斉女)
池田 慶行 従四位下
左少将
因幡守
正国院
純徳玄明
茂高
亀丸
池田仲律長男 1841-48 1848(17)
池田 慶栄 従四位上
侍従
因幡守
栄岳院
穆雲光沢
亀丸
喬松丸
前田斉泰二男 1848-50 1850(17) 整子
(池田仲律女
=慶行養女)
池田 慶徳 議定
権中納言
(廃藩後)
麝香間祗候
省山 昭徳
五郎麿
徳川斉昭五男 1850-71 1877(41) 寛子
(池田清直養女)

1871廃藩置県
復池田姓
息子・輝知の
とき侯爵


鹿野(鹿奴)藩 
(1685以降、鳥取支藩)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔亀井家〕
亀井 茲矩 従五位下
武蔵守
中山道月 新十郎
琉球守
湯永綱五男
亀井秀綱養子
1581-1612 1612(56) 1581鹿野城(因幡)
13,800石
1600加増
38,000石
亀井 政矩 従五位下
豊前守
大昌丸
新十郎
茲矩二男 1612-17 1619(30)
1617津和野城(石見)転封
〔池田(輝澄系)家〕
池田 輝澄 従四位下
侍従
石見守
大雲院
一関徹心
松千代
左近
石入
池田輝政四男 1640-62 1662(59) 1615山崎城(播磨)、累増
63,000石
1640内訌により
鹿野(因幡)で堪忍分
10,000石給付
公称松平
池田 政直 従五位下
能登守
采女 輝澄四男 1662-63 1665(32)
1662福本(播磨)
転封
〔日置家〕→池田(嫡流家)家臣。1617-32鹿野に在所、1632備前金川へ転じる。
〔池田(東館新田藩)家〕
池田仲澄(従五位下・壱岐守。池田光仲二男。1685分家、蔵米25,000石。1702加増30,000石)−仲央(従五位下・摂津守)−仲庸(従五位下・摂津守)−澄延(従五位下・摂津守)⇒延俊(従五位下・修理亮)⇒澄時⇒仲雅(従五位下・摂津守)−仲律(従五位下・壱岐守)−仲立(従五位下・伊勢守)⇒徳澄(摂津守。1868鹿奴藩を称する。1870廃藩。養子・源のとき子爵)


若桜藩 
(1700以降、鳥取支藩)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔木下家〕
木下 重堅 従五位下
備中守
宝勝院
有山道無
助兵衛
平大夫
荒木勝元男 1581-1600 1600 1581若桜城(因幡)
20,000石
1600関が原の戦後自殺
〔山崎家〕
山崎 家盛 従五位下
左馬允
瑞光院
明光宗覚
与市 山崎片家長男 1600-14 1614(48) 1591三田城(摂津)
23,000石
1600若桜城
30,000石
山崎 家治 従五位下
甲斐守
左近 家盛長男 1614-17 1648(55)
1617成羽城(備中)転封
〔池田(西館新田藩)家〕
池田清定(従五位下・河内守。池田光仲五男。1700分家、蔵米15,000石。1716加増20,000石)⇒定賢(従五位下・近江守)−定就(従五位下・兵庫頭)−定得(従五位下・大隅守)⇒定常(従五位下・縫殿頭)−定興⇒定保(従五位下・長門守)⇒清直(従五位下・淡路守)⇒清緝(従五位下・左衛門佐)⇒徳定(相模守。1868若桜藩を称する。1870廃藩。のち子爵)


米子藩 (1617以降、鳥取藩領内)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔中村家〕
中村 忠一 従五位下
侍従
伯耆守
青竜院
一融源心
一忠
一学
中村一氏男 1600-09 1609(20) 1600駿河府中城襲封
145,000石
1600米子城(伯耆)
175,000石
1609無嗣絶家
公称松平
〔加藤家〕
加藤 貞泰 従五位下
左近大夫
光長
作十郎
左衛門尉
加藤光泰長男 1610-17 1623(44) 1593甲斐府中城襲封
240,000石
1595幼少減封
黒野城(美濃)
40,000石
1610米子城
60,000石
1617大洲城(伊予)転封
〔池田(出羽)家〕→池田(嫡流家)家臣。1617-32米子に在城、1632備前下津井へ転じる。
〔荒尾(但馬)家(鳥取藩領内)〕
荒尾成利(岡山藩主池田忠継家老・荒尾成房の男。1625備前国内13,000石。1632伯耆米子城)−成直(15,000石)−成重−成倫−成昭⇒成昌⇒成煕−成尚−成緒−成裕−成富−成文(義弟・之茂のとき男爵)


黒坂藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
関 一政 従五位下
長門守
永盛
四郎
右兵衛大夫
関盛信長男 1610-18 1625 1600亀山城(伊勢)
30,000石
1610黒坂城(伯耆)
50,000石
1618内訌改易
関氏盛(一政養子、近江蒲生郡内5,000石)以降、代々寄合として存続。


倉吉領 (1617以降、鳥取藩領内)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
里見 忠義 従四位下
侍従
安房守
高源院
華山放牛
梅鶴丸 里見義康長男 1614-17 1622(29) 1603館山城
(安房)襲封
123,000石
1614倉吉(伯耆)へ配流
30,000石給付
1617所領収公
100人扶持給付
1622絶家
〔伊木家〕→池田(嫡流家)家臣→1617-32倉吉に在城、1632備前虫明へ転じる。
〔荒尾(志摩)家〕
荒尾嵩就(岡山藩主池田忠継家老・荒尾隆重の養子。1617備前国内8,000石。1632倉吉城)−宣就(10,000石)⇒秀就(11,000石)⇒勝就⇒甫就⇒斯就−厚就−為就(12,000石)−世就⇒直就⇒光就(息子・嘉就のとき男爵)



(2012.12.30up)


史料好きの倉庫へ戻る