大分県(豊州)の主要大名


   大分県は古くは豊の国と呼ばれ、7世紀末までに豊前・豊後の両国に分けられました。『延喜式』では豊前が8郡、豊後が8郡。平安朝期の荘園としては、宇佐宮領や摂家領などがありました。鎌倉期には豊前は武藤(少弐)家、のち糸田家が守護、豊後は大友家が守護を世襲しました。南北朝期以後は大友家が豊後を支配し、室町期に入ると周防の大内家が豊前を支配、戦国期にはこの両家が抗争を繰り返し、末期には島津家が北上して豊後に進攻しました。豊臣秀吉は1587年に豊後を大友家に安堵しましたが、のち改易して国内を9家に分割、また豊前南部は黒田家の領地としました。江戸期に入ると豊後は中小藩分立となり、豊前には一時細川家が入りました。江戸中期以後、豊後は岡藩(中川家)・佐伯藩(毛利家)・臼杵藩(稲葉家)・府内藩(大給松平家)・日出藩(木下家)・杵築藩(能見松平家)・森藩(久留島家)の7藩、および幕領の日田などに分割され、豊前南部は中津藩(奥平家)となりました。1871年の廃藩置県により豊後は大分県、豊前は小倉県となりましたが、1876年に小倉県が福岡県へ合併した際、下毛・宇佐の2郡が大分県に編入され、現在の大分県の県域が確定しました。

 豊前守護職   大友家=豊後守護職   志賀家   田原家   中津藩   臼杵藩   府内藩   岡藩=中川家   杵築藩   佐伯藩=毛利家   森藩=久留島家   日出藩=木下家 


豊前守護職(室町時代)

氏名 官位/仮名 法名/号 在任期間 備考
少弐 貞経 大宰少弐・筑後守 妙恵 ?-1334
少弐 頼尚 大宰少弐・筑後守 本通 1334-57 1351-52足利直冬方、53-57南朝方の守護
大友 氏泰 式部丞 清巍 1351-52
大友 氏時 刑部少輔 天祐 1352-54
宇都宮 冬綱 常陸介 宗閑 1354
少弐 頼澄 大宰少弐 本富 1361-65 南朝方の守護
今川 貞世 伊予守 了俊 1374-79
大内 義弘 周防介・左京権大夫 道実 1380-99
大内 盛見 左京大夫 徳雄 1408-31
大内 持世 刑部少輔・修理大夫 道岩 ?-1441
大内 教弘 周防権守・大膳大夫 教弘 1441-65
大内 政弘 周防権守・左京大夫 真正 1465-95
大友 親治 備前守 1498-1501
大友 義親 修理大夫 1501
大内 義興 周防権介・左京大夫 義秀 1509-28
大内 義隆 周防介・大宰少弐・左京大夫 珠天 1528-51


大友家=豊後守護職

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
大友 能直 従五位上
左近将監
能蓮 一法師丸
検非違使
近藤能成男
中原親能猶子
?-1219 1223(52) 高山重範女 大友郷(相模)・
大野荘(豊後)
豊後守護
大友 親秀 従五位上
大炊助
寂秀 利根次郎 能直長男 1219-36 1248(56) 三浦家連女
大友 頼泰 従五位上
式部大輔
常楽寺
道忍
泰直
薬師丸
大炊助
出羽守
丹後守
親秀長男 1236-? 1300(79) 筑井親茂女
豊後国内に拠点
1242前-85後
豊後守護
大友 親時 従五位上
因幡守
道徳 親言
次郎
左近将監
蔵人
式部大輔
頼泰長男 ?-1295 1295(60) 戸次時親女
大友 貞親 従四位上
出羽守
万寿寺
玉山正温
太郎
左近将監
蔵人
親時長男 1295-1311 1311 豊後守護
大友 貞宗 従五位下
左近将監
顕孝寺
直庵具簡
孫太郎
左衛門尉
近江守
親時三男 1311-33 1333 武藤盛経女 豊後守護
大友 氏泰 従五位下
式部丞
同慈寺
独峯清巍
道世
千代松丸
孫太郎
大炊助
蔵人
貞宗五男 1333-48 1362(42) 1334-52
豊後守護
1351-52
豊前守護
大友 氏時 従四位下
刑部大輔
吉祥寺
大応寺
天祐慈鑑
宮松丸
孫三郎
貞宗七男 1348-64 1368 1352-64
豊後守護
1352-54
豊前守護
1359-61
肥後守護
1363-64
筑後守護
大友 氏継 孫太郎 不二庵
福州天授
氏続
宮松丸
氏時長男 1364-68? 1400 1364-68
豊後・筑後守護
1368~南朝方
大友 親世 従四位下
修理権大夫
瑞光寺
勝幢祖高
千代松丸
孫三郎
式部丞
氏時二男 1368?-1416 1418 大内弘世女 豊後守護
大友 親著 従五位下
式部大輔
大恵寺
玉庵道瑛
次郎
陸奥守
氏継長男 1416-23 1426 1416-26
豊後・筑後守護
大友 持直 従五位下
中務大輔
観音寺
通玄理光
八郎
左衛門尉
親世長男 1423-32 1445 1426-32
豊後守護
大友 親綱 従四位下
右京亮
大聖寺
輝山光碧
孫三郎 親著二男 1432-39? 1458 1432-58
豊後守護
大友 親隆 従五位下
出羽守
宝生寺
成岩正全
四郎 親世三男 1439?-44 1465
大友 親繁 従四位下
豊後守
心源寺
道清心源
親職
五郎
式部大輔
親著四男 1444-82 1493(83) 親隆女 豊後・筑後守護
大友 政親 従四位下
左衛門大夫
海蔵寺
珠山如意
房丸
五郎
豊前守
親繁長男 1482-84 1496(53) 弘子
(大内教弘女)
豊後・筑後守護
大友 義右 従四位下
修理大夫
大智寺
伝芳成親
親豊
材親
鷹房丸
五郎
政親長男 1484-96 1496(28) 豊後守護
大友 親治 従五位下
備前守
見友院
梅屋見友
小僧丸
次郎
親繁三男 1496-1501 1524(64) 木野某の女 豊後・豊前・
筑後守護
大友 義長 従四位下
修理大夫
大雄院
天真清昭
親元
親匡
義親
塩法師丸
五郎
親治長男 1501-18 1518 阿蘇某の女 豊後・筑後守護
大友 義鑑 従四位上
左少将
修理大夫
到明寺
松山紹康
親安
親敦
塩法師丸
次郎
五郎
義長長男 1518-50 1550(49) 大内義興女 豊後守護
大友 義鎮 従四位下
左少将
左衛門督
瑞峯院
瑞峯宗麟
フランシスコ
(霊名)
塩法師丸
五郎
新太郎
義鑑長男 1550-73? 1587(58) 奈多鑑元女
ジュリア
(出自未詳)
大友 吉統 従四位下
参議
左兵衛督
豊鐘院
中庵宗巌
コンスタンチノ
(霊名)
義統
長寿丸
五郎
義鎮長男 1573?-93 1605(53) 吉弘鑑直女
1587府内城
豊後一国安堵
1593違令、改易
大友 義乗 従五位下
侍従
宗五郎
松声院
秀巌真馨
能延
義延
塩法師丸
吉統長男 ?-1612 1612(36) 高橋鎮種女 徳川家臣
常陸・武蔵二国内
3,300石
大友 義親 右衛門督 久山玄昌 竜丸
長五郎
義乗二男 1612-19 1619(27) 今川範以女
1619無嗣、中絶
大友 賢 佐子局 吉統二女 ?-1657 家名再興
1657甥・松野義孝
を養子とする
大友義孝(従四位下・侍従・近江守。松野正照=吉統二男=の三男)が1689年に塩谷郡内(下野)1,000石、高家として存続。


志賀家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
志賀 能郷 左近将監 信寂 仁王丸
八郎
大友能直八男 1240-59 大野郡大野志賀村
(豊後)
志賀 泰朝 八郎太郎 阿法 太郎蔵人 能郷男 1259-?
志賀 貞朝 蔵人太郎 正玄 忠能 泰朝男
志賀 頼房 蔵人太郎 正友 能長 貞朝男 1333前-?
志賀 氏房 日向守 普賢丸
一法師丸
弥太郎
頼房男 ?-1383
志賀 親理 蔵人太郎 鶴寿丸 氏房男 1383-?
志賀 頼資 新蔵人 次郎 親理男 これ以後系図に
錯綜あるか。
志賀 親明 民部大輔 千徳丸 頼資男
志賀 某 亀鶴丸 親賀? 親明男
(途中諸説)
志賀 親毎 蔵人佐 道雄 親明裔 大友家被官
志賀 親益 安房守 道択 太郎
又十郎
親毎男 大友家被官
志賀 親守 安房守 道珠
道輝
親安
次郎
兵部少輔
民部少輔
親益男 ?-1552? 大友家被官
志賀 親度 民部大輔 道易
道益
親慶
親教
親孝
親守男 1552?-84 1587 大友家被官
志賀 親次 小左衛門尉 パウロ
(霊名)
親善
太郎
親度男 1584-93 1586岡城(豊後)
1593大友家と
ともに改易
大友家臣
後、小早川家臣
後、毛利家臣


田原家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
田原 泰広 甲斐守 左近蔵人
中務少輔
大友能直十男 13C中葉 国東郡田原別府
(豊後)
田原 基直 蔵人次郎 泰広男 1290頃
田原 盛直 蔵人次郎 基直男
田原 直貞 蔵人三郎 正曇 基直男 1333前-?
田原 貞広 豊前六郎 直貞男 1351頃 飯塚城(豊後)
田原 氏能 豊前権守 下野守 貞広男 ?-1392後
田原 親貞 讃岐守 親直 氏能男 安岐城(豊後) 田原宗家
大友家被官
田原 親幸 左近蔵人 親貞男 大友家被官
田原 氏忠 常陸介 親幸男 大友家被官
田原 親宗 治部少輔 氏忠男 ?-1494 1494 大友家被官
田原 親述 中務大輔 親宗男 1494-1522後 大友家被官
田原 親董 治部少輔 親述男 1534頃 大友家被官
田原 親宏 常陸介 宗亀 親実
次郎
親述男 ?-1543
1552-79
1579
1543出奔
1552復帰
大友家被官
田原 親貫 右馬頭 長野某の男 1579-80 1580?
1580反乱、滅亡
大友家被官
田原 親家 常陸介 セバスチャン
(霊名)
(失領後)
道孝
大友義鎮二男 1580-93 1641 1580入嗣
1593大友家と
ともに改易
大友家臣
後、立花家附属
後、細川家臣


中津藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔黒田家〕        
黒田 孝高 従五位下
勘解由次官
竜光院
如水円清
シモン
(霊名)
祐隆
孝隆
万吉
官兵衛
黒田識隆長男 1587-89 1604(59)
(櫛橋伊定女)
1580新封
揖東郡内
10,000石
1584山崎城(播磨)
50,000石
1587時枝城(豊前)
125,000石
1588中津城へ移転
黒田 長政 従五位下
甲斐守
松寿
吉兵衛
孝高長男 1589-1600 1623(56) イト
(蜂須賀正勝女)

(徳川家康養女
・保科正直女)

1600名島城
(筑前)転封
〔細川家〕(小倉藩-福岡県-を参照)
〔小笠原家〕
小笠原 長次 従五位下
信濃守
長松寺
慈源宗恵
幸松丸 小笠原忠脩長男 1632-66 1666(52) 松平康重女 1626竜野城(播磨)
60,000石
1632中津城
80,000石
小笠原 長勝 従五位下
信濃守
寒松院
倹峰宗恭
辰之助
内匠
内匠頭
長次二男 1666-82 1682(37)
小笠原 長胤 従五位下
修理大夫
本源院
天巌紹真
大助 小笠原長章
(長次長男)
長男
1683-98 1709(42) 長勝女
1698不行状、改易
小笠原 長円 従五位下
信濃守
真浄院
義英宗高
磯之助
宮内
長章五男 1698-1713 1713(38) 稲葉正通女 1698復家、中津城
40,000石
小笠原 長邕 造酒助 霊覚院
良巌宗英
長円長男 1713-16 1716(6)
1716無嗣、絶家
小笠原 長興 喜三郎 長円二男 1716 1786(75) 1716復家
安志(播磨)転封
〔奥平家〕
奥平 昌成 従四位下
大膳大夫
竜源院
徳翁道見
昌春
熊太郎
奥平昌章二男 1717-46 1746(53) 阿部正喬女 1697宮津城(丹後)
90,000石
1717中津城
100,000石
奥平 昌敦 従五位下
大膳大夫
方広院
雲峯道瑞
熊太郎
丹後守
山城守
昌成二男 1746-58 1758(35) 菊子
(牧野貞通女)
奥平 昌鹿 従五位下
大膳大夫
興隆院
悟渓道本
昌邦
熊太郎
丹後守
昌敦長男 1758-80 1780(37) 八百
(阿部正允女)
奥平 昌男 従五位下
大膳大夫
春徳院
何屋道云
牧之丞
九八郎
美作守
昌鹿長男 1780-86 1786(24)
奥平 昌高 従四位下
侍従
大膳大夫
竜徳院
無方道応
富之進
九八郎
(致仕後)
左衛門尉
豊海
島津重豪二男 1786-1825 1855(75) 八千代
(昌男女)
奥平 昌暢 従四位下
大膳大夫
探源院
心巌道轍
恒丸
九八郎
美作守
昌高二男 1825-32 1832(24) 国子
(徳川斉敦女)
奥平 昌猷 従四位下
大膳大夫
潜竜院
大淵道珍
勇吉
九八郎
昌高五男 1833-42 1842(29)
奥平 昌服 大膳大夫 逸堂 㻓五郎 昌暢二男 1842-68 1901(72)
(松平容敬養女)
奥平 昌邁 中津藩知事
(廃藩後)
東京府芝区長
義三郎
九八郎
美作守
伊達宗城三男 1868-71 1884(30) 静子
(水野忠精女)

1871廃藩置県
伯爵


臼杵藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔太田家〕
太田 一吉 従五位下
飛騨守
宗善 政信
宗隆
政之
重正
小源五
太田宗清男 1593-1600 1617 1593臼杵城(豊後)
65,000石
1600関が原の戦で
石田方、改易
〔稲葉家〕
稲葉 貞通 従五位下
侍従
右京亮
智勝院
一等玄規
以鈍
彦六 稲葉良通二男 1600-03 1603(58) 斎藤利三女
織田信秀女
前田玄以女
1586郡上八幡城
(美濃)
40,000石
1600臼杵城(豊後)
50,065石
稲葉 典通 従五位下
侍従
彦六
広巌院
一以如心

虎一
貞通長男 1603-26 1626(61) 丹羽長秀女
稲葉 一通 従五位下
民部少輔
長江院
一雲宗岫

彦四郎
典通長男 1627-41 1641(55) 多羅
(細川忠興女)
青山忠俊女
稲葉 信通 従五位下
能登守
本覚院
一関宗如

彦四郎
一通長男 1641-73 1673(66) 織田信良二女
織田信良三女
稲葉 景通 従五位下
右京亮
本光院
一空宗真
虎助
右京
信通長男 1673-94 1694(56)
(有馬忠頼女)
稲葉 知通 従五位下
能登守
本霊院
一岳宗泰
通周
市正
信通三男 1694-1706 1706(55) かい
(溝口重雄女)
稲葉 恒通 従五位下
伊予守
本輪院
一華荘厳
彦六
飛騨守
知通二男 1706-20 1720(31)
(松平直明女)
稲葉 董通 従五位下
伊勢守
本明院
一源宗徳
中務
能登守
刑部少輔
恒通長男 1720-37 1737(32) 有馬則維女
稲葉 泰通 従五位下
能登守
本源院
一水宗滴
治通
万次郎
民部
右京亮
董通長男 1737-68 1768(39) 牧野貞通女
稲葉 副通 亀太郎 泰通二男 1768-69 1769(16) (夭折のため
内密に弘通が
すり替わる)
稲葉 弘通 従五位下
能登守
本有院
一円宗成
通興
熊次郎
泰通長男 1769-1800 1818(66) 牧野貞長女 (表向きは副通
と同一人物)
稲葉 雍通 従五位下
伊予守
本休院
一心宗安
園江
虎次郎
弘通二男 1800-20 1847(72)
(有馬頼貴女)
稲葉 尊通 従五位下
民部少輔
本隆院
一道宗成
虎太郎 雍通長男 1820-21 1821(21)
稲葉 幾通 従五位下
能登守
本誠院
一寛宗仁
邦次郎
辰次郎
備中守
雍通三男 1821-44 1843(29) サク
(奥平昌高女)
稲葉 観通 従五位下
伊予守
本国院
一軌宗範
富太郎 稲葉通孚
(雍通四男)
長男
1844-62 1862(26) 鏸子
(山内豊信養女)
稲葉 久通 臼杵藩知事 伊織
右京亮
岡野知英五男
(雍通外曽孫)
1862-71 1893(51) 多計子
(稲葉通孚女)

1871廃藩置県
子爵


府内藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔早川家〕
早川 長政 1593-97 (下段参照)
〔福原家〕
福原 長堯 右馬助 順積道蘊 直高
尚高
長成
出自未詳 1597-99 1600 石田正継女 1595豊岡城(但馬)
30,000石
1597府内城(豊後)
120,000石
1599不正、減封
海部郡内?(豊後)
600,000石
1600関が原の戦で
石田方、自殺
〔早川家〕
早川 長政 主馬頭 長敏
喜八郎
出自未詳 1599-1600 1594府内城(豊後)
13,000石
1597木付城(豊後)
1599府内城復帰
20,000石
1600関が原の戦で
石田方、改易
〔竹中家〕
竹中 重利 伊豆守 同慈寺
逸峯玄俊
源介
重信
重義
隆重
竹中重光長男 1600-15 1615(54) 竹中重元女 1579新封
3,000石
1594高田城(豊後)
13,000石
1600府内城
20,000石
竹中 重義 采女正 春岩院
以松宗和
重利長男 1615-34 1634 松平康重女
1634不正、賜死
長崎奉行
〔日根野家〕
日根野 吉明 従五位下
織部正
渓松院
月峯浄覚
徳太郎 日根野高吉長男 1634-56 1656(70) 松平一生女 1602壬生城(下野)
10,900石
1634府内城
20,000石
1656無嗣、絶家
〔松平(大給)家〕
松平 忠昭 従五位下
左近将監
法林院
浄誉覚月
如円
太郎左衛門
主税之助
松平成重二男 1658-76 1693(77) 酒井忠正女 1633亀山城
(丹波)襲封
22,200石
1634亀川(豊後)
1635中津留
(豊後)へ移転
1642高松
(豊後)へ移転
1658府内城
松平 近陣 従五位下
対馬守
証真院
頓誉円意
如元
昭重
虎之助
大蔵
主膳
筑前守
忠昭長男 1676-1705 1719(82) 阿部重次女
板倉重矩女

1676分知
21,200石
松平 近禎 従五位下
相模守
大智院
雲誉徳水
如真
昭貞
昭因
近治
巳之助
筑前守
右近将監
阿波守
対馬守
近陣二男 1705-25 1725(61) 松平典信女 寺社奉行
松平 近貞 従五位下
対馬守
雲晴院
現誉徳翁
智山
昭峯
兵庫
内記
主膳正
三宅康雄二男
(近陣外孫)
1725-45 1757(69) 近禎女
松平 近形 従五位下
主膳正
観光院
照誉無涯
寿玄
近房
桃之助
大蔵
五左衛門
近貞長男 1745-70 1773(51) 牧野明成女
松平 近儔 従五位下
長門守
光沢院
馨誉華月
不騫
秀之助
五左衛門
近形長男 1770-1804 1840(87) 松平乗佑女
松平 近義 従五位下
主膳正
浄岳院
暁誉翻然
情遊
欣弥 近形三男 1804-07 1807(38)
松平 近訓 従五位下
左衛門尉
大鏡院
寂誉知徳
閑山
五左衛門 近儔二男 1807-31 1852(54) 石川総佐女
松平 近信 従五位下
信濃守
寂静院
心誉所著
超勝
利阜 前田利幹二男 1831-41 1841(38) 近訓養女
(=近儔女)
大給 近説 府内藩知事 五左衛門
左衛門尉
松平定永十一男 1841-71 1886(59) 浜子
(太田資師女)

1871廃藩置県
若年寄
1868
改姓大給


岡藩=中川家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
中川 秀成 従五位下
修理大夫
碧雲寺
円翁宗鑑
小兵衛 中川清秀二男
中川秀政継嗣
1594-1612 1612(43)
(新庄直頼養女
=佐久間盛政女)
1585三木城
(播磨)襲封
70,000石
1594岡城(豊後)
70,440石
中川 久盛 従五位下
内膳正
法台院
心鉄宗安
秀征
清蔵
内膳
秀成長男 1612-53 1653(60) 松平定勝女
中川 久清 従五位下
山城守
宝厳院
泰岳入山
津九
瀬兵衛
久盛長男 1653-66 1681(67) 石川忠総女
中川 久恒 従五位下
佐渡守
宝浄院
栄松久山
清蔵 久清長男 1666-95 1695(55) 左阿
(池田光政女)
中川 久通 従五位下
因幡守
天真院
元良貞山
主膳 久恒長男 1695-1710 1710(48) 紀伊
(酒井忠清女)
中川 久忠 従五位下
内膳正
通玄院
雲外了山
万之助 久通三男 1710-42 1742(46) 松平頼豊養女
中川 久慶 従五位下
山城守
巍然院
鉄心如山
重員
雅之丞
主殿
浅野綱長十六男 1742-43 1743(36)
(久忠養女)
中川 久貞 従五位下
修理大夫
諦考院
嵩峯観山
祝之丞
信安
松平信祝二男 1743-90 1790(67)
(久慶養女)
中川 久徳 従五位下
主計頭
養徳院
仁山了義
三郎
内膳正
久貞二男 (廃嫡) 1811(67) 丹羽高庸女
中川 久持 従五位下
修理大夫
巌祗院
日岑敬山
香橘
祝之丞
久徳二男 1790-98 1798(28)
中川 久貴 従五位下
修理大夫
大玄院
真歯崇山
信任
三千蔵
万之助
(致仕後)
隼人正
柳沢保光五男 1798-1815 1824(38)
(松平信明養女)
中川 久教 従五位下
修理大夫
大鑑院 直教
久道
悌之丞
井伊直中四男 1815-40 1840(41)
(久貴女)
中川 久昭 岡藩知事 茂丸
大蔵
修理大夫
藤堂高兌二男 1840-69 1889(70)
(加藤泰済女)
中川 久成 岡藩知事
(廃藩後)
貴族院議員
内膳正 久昭長男 1869-71 1897(48) 潔子
(押小路実潔女)

1871廃藩置県


杵築(木付)藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔早川家〕
早川 長政 主馬頭 長敏
喜八郎
出自未詳 1597-99 1594府内城(豊後)
13,000石
1597木付城(豊後)
1599府内城復帰
〔松井家〕→細川家臣
松井 康之 従五位下
佐渡守
春光院
英雲宗傑
甚介
猪助
新助
式部大輔
松井広之二男 1600-12 1612(63) 細川藤孝養女 1582松倉城(丹後)
20,000石
相楽・愛宕二郡内
(山城)を併せ
20,173石
1600木付城代
25,173石
高田城代・有吉
家と相役で木付・
高田両城を管轄
松井 興長 佐渡守 吉松
新太郎
式部少輔
康之二男 1612-32 1661(81) 古保
(細川忠興女)

1632細川家に伴い
肥後国内へ転封
公称長岡
〔小笠原家〕
小笠原 忠知 従五位下
壱岐守
貞政
虎松丸
小笠原秀政三男 1632-45 1663(65) 多賀光定女 1614新封、信濃国内
5,000石
1631上総等二国内
1632木付城
40,000石
1645吉田城
(三河)転封
大番頭
〔松平(能見)家〕(高田時代を含む)
松平 重直 従五位下
丹後守
恵照院
大心道徹
千松丸
長松
孫次郎
長門
小笠原秀政四男
松平重忠養子
1632-39
(竜王)
1639-42
(高田)
1642(42) 松平重忠女 1626三田(摂津)
30,000石
1632竜王(豊後)
37,000石
1639高田城(豊後)
松平 英親 従五位下
市正
瑞竜院
大宙宗閑
直次
重頼
千松
伝三郎
長門
松平重直長男
(重忠外孫)
1642-45
(高田)
1645-92
(杵築)
1706(82)
(松平康信女)

1642分知
32,000石
1645木付=杵築城
松平 重栄 従五位下
日向守
霊覚院
高誉傑叟
浄山
直之
重実
重賢
千勝
主馬
志摩守
丹後守
英親長男 1692-1708 1720(75) 本多康将女
岡秀安女
寺社奉行
松平 重休 従五位下
豊前守
竜渓院
孤巌貞松
重形
伝三郎
市三郎
民部少輔
重栄二男 1708-15 1715(25) 松平定陳女
松平 親純 従五位下
市正
心源院
大光宗円
重交
吉五郎
新庄直詮十三男
(重栄外孫)
1715-39 1739(37) 松平忠喬女
松平 親盈 従五位下
対馬守
寛量院
節叟了義
千之助
市正
(致仕後)
但馬守
親純長男 1739-67 1800(75) 永井直陳女
松平 親貞 従五位下
筑後守
恭衷院
倹令厚修
親栄
千之助
雄之助
親盈長男 1767-85 1799(49) 保科正富女
松平 親賢 従五位下
駿河守
剛健院
日新崇光
民之助 親盈二男 1785-1802 1802(50)
松平 親明 従五位下
志摩守
剛中院
亨道威宣
直之助
備中守
親貞二男 1802-25 1825(41) 亀都
(戸田忠翰女)
奏者番
松平 親良 中務大輔 滝之助
河内守
市正
対馬守
大隅守
親明長男 1825-68 1891(82)
(松平乗全女)
寺社奉行
松平 親貴 杵築藩知事 録之助
但馬守
河内守
親良長男 1868-71 1882(45) ひで
(松平乗懿女)

1871廃藩置県
長男・親信
のとき子爵


佐伯藩=毛利家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
毛利 高政 従五位下
伊勢守
養賢寺
乾外紹元
友重
勘八郎
民部大輔
森高次長男 1601-28 1628(70) 木曽義昌女 1587隈城(豊後)
20,000石
1601佐伯城
(豊後)転封
毛利 高成 従五位下
摂津守
松林院
天哲空粲
勘八郎 高政長男 1628-32 1632(30) 佐久間安政女
毛利 高直 従五位下
伊勢守
長川院
法雲宗海
高尚
市三郎
高成長男 1632-64 1664(35) 牧野信成女
毛利 高重 従五位下
安房守
竹林院
高重雲岳
主膳 高直長男 1664-82 1682(21)
毛利 高久 従五位下
駿河守
南昌院
泰雲紹慶
靱負 久留島通清四男 1682-99 1716(50)
(南部行信女)
毛利 高慶 従五位下
周防守
源林院
了山恵覚
高定
高寛
助十郎
久留島通清六男 1699-1742 1743(69)
(宗義真女)
毛利 高通 従五位下
摂津守
蘭渓院
松道了和
助十郎 高慶長男 (廃嫡) 1733(31)
毛利 高丘 従五位下
周防守
蘭陵院
香山全性
寅太郎 高通長男 1742-60 1760(33) 鳥居忠瞭女
毛利 高標 従五位下
伊勢守
寛竜院
松岳玄機
彦三郎
和泉守
培松
霞山
高丘二男 1760-1801 1801(47) 加藤泰衑女
毛利 高誠 従五位下
美濃守
寛洪院
祇山紹敬
高聴
高明
岩之助
高標長男 1801-12 1829(54) 於鎔
(喜連川恵氏女)
毛利 高翰 従五位下
出雲守
成徳院
仁済義弘
栄菊
若狭守
高誠長男 1812-32 1852(58) 井伊直朗女
毛利 高泰 従五位下
安房守
泰雲院
義山紹興
岩之助
伊勢守
高翰長男 1832-62 1869(55)
(亀井茲尚女)
毛利 高謙 佐伯藩知事 岩之助
美濃守
伊勢守
高泰長男 1862-71 1876(37) 美子
(細川立則女)

1871廃藩置県
養子・高範
のとき子爵


森藩=久留島家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
来島 長親 右衛門一 大滋院
雲山玄竜
通親
康親
来島通総二男 1601-12 1612(31) 1597風早郡内(伊予)襲封
14,000石
1600一時改易
1601赦免
森(豊後)再封
14,000石
久留島 通春 従五位下
丹波守
安祥院
泰雲健康
正次 長親長男 1612-55 1655(49) 1616改姓
久留島
久留島 通清 従五位下
信濃守
瑞雲院
洪岳道範
通次 通春長男 1655-1700 1700(72)
1655分知
12,500石
久留島 通政 従五位下
伊予守
檜巌院
用中道昌
通総
通厚
万千代
帯刀
通政長男 1700-19 1719(59)
久留島 光通 従五位下
信濃守
泰竜院
活水浄湛
通綜
靱負
帯刀
久留島通貞
(通春二男)
三男
1719-64 1764(61) 伏見奉行
久留島 通祐 従五位下
信濃守
泰清院
敬山寂照
宗奇
栄之助 光通五男 1764-91 1791(54) 伏見奉行
久留島 通同 従五位下
出雲守
瑞竜院
廓翁湛然
福次郎
帯刀
光通七男 1791-98 1798(40) 大番頭
久留島 通嘉 従五位下
伊予守
大通院 祥丸 通同長男 1798-1846 1846(60)
久留島 通容 従五位下
安房守
良峰院 采女 通嘉三男 1846-50 1850(40)
久留島 通明 従五位下
出雲守
円通院 松喜代
兵部
通嘉男 1850-52 1868(41)
久留島 通胤 従五位下
信濃守
叡泰院 靱負 通嘉七男 1852-59 1859(33)
久留島 通靖 森藩知事 珠江
伊予守
通胤長男 1859-71 1879(29)
1871廃藩置県
弟・通簡の
とき子爵


日出藩=木下家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
木下 延俊 従五位下
右衛門大夫
瑞巌寺
心甫宗得
長助 木下家定三男 1601-42 1642(66) 加賀
(細川藤孝女)
1594三木郡内
(播磨)分封
20,000石
1601日出城(豊後)
30,000石
木下 俊治 従五位下
伊賀守
天沢院
徳岩宗高
文蔵
左兵衛
延俊三男 1642-61 1661(48) 松平忠利女
西尾忠永女

1642分知
25,000石
木下 俊長 従五位下
右衛門大夫
桂峯院
英岳宗哲
主計
(致仕後)
内蔵頭
俊治長男 1661-1707 1716(69) 朽木稙綱女
木下 俊量 従五位下
伊賀守
徳音院
俊量広哲
式部
式部少輔
右衛門大夫
右衛門佐
俊長長男 1707-29 1729(58) 加藤明英女
木下 俊在 牧之丞 遠譲院
温厚操倹
俊量六男 1729-31 1731(18)
木下 長保 従五位下
和泉守
竜渓院
円応浄覚
千五郎
右京
主税
俊長四男 1731-38 1738(33)
木下 長監 岩三郎 義善院
銕山梁船
俊量八男 1738-41 1741(18)
木下 俊能 従五位下
式部少輔
心亮院
閑清浄安
留之助
幸之助
式部
俊量九男 1741-48 1748(21)
木下 俊泰 従五位下
大和守
霊祥院
俊岸泰英
内蔵助 俊量十男 1748-68 1768(43) 土岐頼稔女
木下 俊胤 従五位下
左衛門佐
赫赫院
徳邦厳馨
庄左衛門
主計
戸田忠余六男 1768-76 1776(30) 於久
(俊泰養女
=木下利忠女)
木下 俊懋 従五位下
主計頭
謙徳院
泰容儀哲
俊茂
千勝
(致仕後)
織部正
俊胤長男 1776-1810 1822(51)
(太田資愛女)
木下 俊良 従五位下
佐渡守
徳充院
秀山源英
籌丸 俊懋二男 1810-15 1815(22)
(有馬頼貴女)
木下 俊敦 左衛門佐 主計
大和守
俊懋四男 1815-47 1886(85)
(朽木倫綱女)

(酒井忠進女)
木下 俊方 従五位下
主計頭
賢良院 豊丸
大作
俊敦二男 1847-54 1854(25)
(稲垣長剛女)
木下 俊程 従五位下
飛騨守
文献院 鑩四郎 俊敦五男 1854-67 1867(35)
木下 俊愿 日出藩知事 鐜次郎
大和守
俊敦七男 1867-71 1880(44) 綾子
(伏原宣諭女)

1871廃藩置県



(2017.01.03up)


史料好きの倉庫へ戻る