神奈川県の主要大名


   神奈川県は古く、相武・師長の国造が支配していましたが、大化の改新のとき相模国となりました。『延喜式』では8郡(後世9郡)。平安朝期の荘園は摂家(近衛)領や皇室領などがあり、後期には坂東平氏の活動の場となりました。1180年に源頼朝が鎌倉へ入り、1185年に幕府を開設、相模は将軍家の知行国となり、はじめ三浦家が守護に任じられましたが、1247年の三浦家滅亡後、守護は設置されませんでした。南北朝期には鎌倉府が置かれて鎌倉公方の本拠地となり、三浦家が守護に復帰しました。室町期に入り、1439年に鎌倉公方が没落し、相模は上杉(扇谷)家の勢力圏になりました。戦国期に入ると伊豆から伊勢盛時(=北条早雲)が進攻、1516年には相模の大部分と武蔵の南三郡を支配、北条氏綱は小田原を拠点として関東各地へ進出し、氏康は上杉輝虎(=謙信)や武田晴信(=信玄)の侵攻を退けて領国を保持しました。豊臣秀吉は1590年に大挙して小田原を攻略、北条家を滅ぼし、相模・武蔵南三郡は関東諸国とともに徳川家康の所領となりました。江戸期には譜代大名が封じられ、中期以降は、相模に小田原藩(大久保家)・荻野山中藩(大久保分家)・浦賀奉行、武蔵南三郡には金沢藩(米倉家)、幕末期に神奈川奉行が配置されました。1871年の廃藩置県により、相模の東三郡と武蔵の南四郡(多摩郡を含む)は神奈川県、相模の中・西六郡は伊豆と合併して足柄県となりました。1876年に神奈川県が足柄県の旧相模国部分を合併、1893年に多摩郡は東京都へ編入され、現在の県域が確定しました。

  鎌倉公方足利家   相模守護職   三浦家   大森家   上杉(犬懸)家   北条(小田原)家   北条(玉縄)家   玉縄藩   小田原藩   荻野山中藩=大久保家   金沢藩/六浦藩=米倉家 


鎌倉公方 足利家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
足利 基氏 従三位
左兵衛督
瑞泉寺
玉岩道昕
亀若丸
光王丸
左馬頭
足利尊氏三男 1349-67 1367(28) 1349鎌倉府を
統治
関東公方
足利 氏満 従三位
左兵衛督
永安寺
壁山道全
金王丸
左馬頭
基氏長男 1367-98 1398(40) 関東公方
足利 満兼 従四位下
左馬頭
勝光院
泰岳道安
寿王丸
左兵衛佐
氏満長男 1398-1409 1409(32) 一色某の女 関東公方
足利 持氏 従三位
左兵衛督
長春院
陽山道継
幸王丸
左馬頭
満兼長男 1409-39 1439(42)
1439滅亡、中絶
関東公方
足利 成氏 従四位下
左馬頭
永寿王丸 持氏四男 1447-97 1497(64?) 1447再興
1455古河城
(下総)へ移転
関東公方


相模守護職(室町時代)

氏名 官位/仮名 法名/号 在任期間 備考
佐竹 和泉前司 ?-1351
三浦 高通 三浦介 聖林 1351-52?
武田 三河守 1352
河越 直重 弾正少弼 1353前-63
三浦 高通 三浦介 聖林 1364前-67後
三浦 高連 三浦介 徳柔 1377前-1402後
三浦 高明 三浦介 1407前-16後
上杉(小山田)定頼 三郎 1421前後
一色 持家 刑部少輔 1426前-27後
武田 信長 右馬助 1442前後
上杉(越後)清方 兵庫頭 ?-1446
上杉(扇谷)持朝 修理大夫 道朝 1448前-67
上杉(扇谷)政真 修理大夫 ?-1473
上杉(扇谷)定正 修理大夫 範亨 1477前-94
上杉(扇谷)朝良 治部少輔 1494-1505


三浦家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
三浦 為継 平太郎 為次? 平為通男? 1087頃 御浦郡三浦荘(相模)
三浦 義継 荘司介 六郎 為継男
三浦 義明 相模大介 義継男 1180(89)
三浦 義澄 三浦介 荒次郎 義明二男 1200(74) 伊東祐親女
三浦 義村 従四位下
駿河守
平六
右兵衛尉
左衛門尉
義澄長男 1239
三浦 泰村 正五位下
若狭守
駿河次郎 義村二男 1247
1247自殺、滅亡
(佐原系三浦家)
佐原 義連 十郎左衛門尉 義明十男 武田信光女 御浦郡佐原
佐原 盛連 従五位下
遠江守
義連四男 1233 義村女
三浦 盛時 従五位下
五郎左衛門尉
浄蓮 盛連五男 1247-56
1247三浦宗家継承
三浦 頼盛 従五位下
三浦介
道法 盛時二男 大曽禰上総介女
三浦 時明 従五位下
安芸守
道朝 三浦介 頼盛長男
三浦 時継 従五位下
三浦介
道海 右兵衛尉 時明四男 1335
三浦 高継 従五位上
土佐守
徳紹 三浦介 時継長男 ?-1351 1351
三浦 高通 従五位下
左衛門尉
聖林
道紹
三浦介 高継長男 1351-67後 1351-52?
1364前-67後
相模守護
三浦 高連 従五位下
左衛門尉
徳柔 三浦介 高通長男 1377前-1402後 相模守護
三浦 高明 左衛門尉 建紹 三浦介 高連長男 1407前-26後 1407前-16後
相模守護
三浦 時高 三浦介 聖亀 高明二男 1438前-94 1494(79)
新井城を築く
三浦 義同 従五位下
陸奥守
瑞雲庵
道寸
三浦介 上杉高救男 1494-1516 1516(53)
1516滅亡


大森家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
大森 親家 信濃権守 与一 高橋親康男 12C末 駿河郡鮎沢荘
大森(駿河)
大森 頼忠 次郎大夫 親家男
大森 行頼 六郎兵衛尉 行阿弥陀仏 頼忠男
大森 頼盛 新二郎 行頼男(甥?)
大森 経頼 信濃守 傑山直勝 六郎右衛門尉 頼盛男
大森 惟時 信濃守 天翁清勝 与一 経頼男
大森 頼顕 信濃守 大円薀誥 与一 惟時男 14C中葉
小田原城(相模)
大森 藤頼 式部大夫 古標信格 与一 頼顕男
大森 頼明 信濃守 光岩信誥 与一 藤頼男
大森 頼春 信濃守 玉山光公 朝頼
与一
頼明男 1406前-26後
大森 憲頼 伊豆守 信祐 民部大輔 頼春長男 1440前-?
大森 氏頼 信濃守 明昇
日昇
寄栖庵
与一
左衛門佐
頼春三男 ?-1477後 1494
大森 実頼 隠岐守 淳翁明厚 大膳大夫
筑前守
氏頼長男
大森 藤頼 筑前守 心紅道存 信濃守 氏頼二男 ?-1498 1498
1495小田原を追われ
真田城(相模)
1498滅亡


上杉(犬懸)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
上杉 憲藤 中務少輔 古岩道淳 上杉憲房二男 ?-1338 1338(21) 犬懸(相模) 1336-38
関東執事
上杉 朝房 弾正少弼 常真得元 幸松丸
三郎
左馬助
中務少輔
憲藤長男 1338-77 1391?
上総国内
にも所領
1364-65後
上総守護
1366前-77後
信濃守護
1368-70
関東管領
上杉 朝宗 中務少輔 徳泉寺
道元禅助
幸若丸
上総介
修理亮
憲藤二男 1377-1409 1414(78) 1376前-97後
上総守護
1397前-1404後
武蔵守護
1395-1405
関東管領
上杉 氏憲 右衛門佐 月山禅秀 朝宗長男 1409-17 1417
1417自殺
中絶
?-1417
武蔵守護
1411-15
関東管領
上杉 教朝 治部少輔 氏憲男 ?-1461 1461 再興
後、堀越公方
の執事
上杉 政憲 治部少輔 教朝男 (動向未詳)


北条(小田原)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
伊勢 盛時 新九郎 早雲寺
天岳宗瑞
長氏
氏茂
伊勢盛定男
伊勢貞道養子
?-1519 1519(88) 小笠原持清女
葛山備中守女
宇治近傍?(山城)
1487興国寺城(駿河)
1491韮山城(伊豆一国)
1495小田原城(相模)
1483-87
申次衆
形式上は
今川家被官
北条 氏綱 従五位下
左京大夫
春松院
快翁活公
伊豆千代丸
新九郎
盛時長男 1519-41 1541(55) 養珠院(出自未詳)
近衛尚通女

(相模・伊豆領有)
1524称北条
1537今川家
より独立
北条 氏康 従五位下
左京大夫
大聖寺
東陽岱公
伊豆千代丸
新九郎
相模守
氏綱長男 1541-59 1571(57) 今川氏親女
(相模・伊豆・武蔵領有)
北条 氏政 従四位下
相模守
慈雲院
勝巌傑公
截流斎
乙千代丸
左京大夫
氏康二男 1559-80 1590(53) 武田晴信女
(相模・伊豆・武蔵
・下総領有)
北条 氏直 従五位下
左京大夫
松巌院
大円徹公
国王丸
新九郎
氏政長男 1580-91 1591(30) 督(徳川家康女)
1590改易
1591復封
下野・近江二国内
4,000石
同年没
所領は従弟・氏盛が継承
1600狭山(河内)継承


北条(玉縄)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
北条 氏時 左馬助 大虚院
了翁宗達
新六郎 伊勢盛時二男 1529前-31 1531 玉縄城(相模)
無嗣、絶家
北条家臣
北条 為昌 彦九郎 本光寺
竜淵宗鉄
北条氏綱二男 ?-1542 1542(23) 新規立家
玉縄城
北条家臣
北条 綱成 上総介 瑞光院
実州宗心
覚眩道感
孫九郎
左衛門大夫
福島正成男 1542-72 1587(73) 北条家臣
北条 氏繁 常陸介 竜宝院
大応栄公
一無
康成
左衛門大夫
綱成長男 1572-78 1578(40) 北条家臣
北条 氏舜 左衛門大夫 氏繁長男 1578-81? 北条家臣
北条 氏勝 左衛門大夫 氏重二男 1581?-90 1611(53)
1590北条宗家と
ともに改易
同年、復封
岩富(下総)
北条家臣
後、徳川家臣


玉縄藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
〔本多家〕
本多 正信 従五位下
佐渡守
納誨院
善徳
正保
正行
弥八郎
本多俊正二男 1590-1616 1616(79) 1590新封、玉縄(相模)
10,000石
後、加増
22,000石
1616没
嫡子・正純は
小山(下野)に別封
所領収公
〔松平(大河内)家〕
松平 正綱 従五位下
右衛門大夫
高林院
俊庵宗徳
正久
長四郎
右衛門佐
大河内秀綱二男 1625-48 1648(73) 1596新封、相模国内
380石
後、累増
4,660石
1625玉縄(相模)
22,100石
勘定奉行
松平 正信 従五位下
備前守
流芳院
月洲道雪
隆綱
主膳
正綱二男 1648-90 1692(72)
1648分知
20,000石
松平 正久 従五位下
弾正忠
則綱
一学
正信 1680-1703 1720(62)
1703大多喜城
(上総)転封
奏者番


小田原藩

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
〔大久保家(前期)〕
大久保 忠世 七郎右衛門 了源院
日脱
新十郎 大久保忠員長男 1590-94 1594(63) 近藤幸正女 1575二股城(遠江)
1590小田原城
(相模)
45,000石
大久保 忠隣 従五位下
相模守
涼地院
霊庭道白
千丸
新十郎
治部少輔
忠世長男 1594-1614 1628(79) 石川家成女 1590羽生城(武蔵)
20,000石
1594父の継嗣
65,000石(含先封)
1614改易
(嫡孫・忠職の封地
騎西領は温存)
加判
〔阿部家〕
阿部 正次 従五位下
備中守
正成
徳千代
善九郎
阿部正勝長男 1619-23 1647(79) 佐原義成女 1617大多喜城
(上総)
30,000石
1619小田原城
50,000石
1623岩槻城
(武蔵)転封
奏者番
〔稲葉家〕
稲葉 正勝 従五位下
丹後守
養源寺
古隠紹太
千熊
宇右衛門
稲葉正成二男 1632-34 1634(38) 山田重利女 1628真岡
(下野)襲封
40,000石
1632小田原城
85,000石
老中
稲葉 正則 従四位下
侍従
美濃守
潮信院
泰応元如
鶴千代 正勝二男 1634-83 1696((74) 万菊子
(毛利秀元女)
堤長貞女

1663加増
95,000石
1680加増
110,000石
老中
稲葉 正往 従四位下
侍従
丹後守
義雅
正通
正則長男 1683-85 1716(77)
(保科正之女)
持明院基定女
田辺某の女

1683分知
102,000石
1685高田城
(越後)転封
京都所司代
〔大久保家(後期)〕
大久保 忠朝 従四位下
侍従
加賀守
松慶院
実邦了円
教広
木工
杢之助
出羽守
(致仕後)
木工頭
大久保教隆
(忠隣三男)
二男
大久保忠職養子
1686-98 1712(81) 1678佐倉城(下総)
83,000石
1680加増
93,000石
1686小田原城
103,000石
1694加増
113,000石
老中
大久保 忠増 従四位下
侍従
加賀守
心観院
大空了通
教忠
忠能
忠恒
大蔵
大内蔵
安芸守
隠岐守
忠朝長男 1698-1713 1713(58) 松平忠弘女 老中
大久保 忠方 従四位下
加賀守
現成院
円山了智
忠英
忠郁
伝吉郎
大蔵少輔
忠増六男 1713-32 1732(41) 柳沢吉保養女
大久保 忠興 従四位下
大蔵大輔
大雲院
仙巌了洞
忠数
伝吉郎
出羽守
(致仕後)
大炊頭
忠方長男 1732-63 1764(51) 柳沢吉里女
大久保 忠由 従五位下
加賀守
光輪院
霊岳了空
忠清
万次郎
半次郎
大蔵少輔
安芸守
忠興長男 1763-69 1769(34) 榊原政岑女
大久保 忠顕 従五位下
加賀守
亨泰院
慎常了善
直次郎
七郎右衛門
(致仕後)
上総介
忠由長男 1769-96 1803(44)
(中川久貞女)
大久保 忠真 従四位下
侍従
加賀守
彰道院
欽承良顕
秀次郎
新十郎
出羽守
忠顕長男 1796-1837 1837(57)
(蜂須賀治昭女)
老中
大久保 忠脩 従五位下
安芸守
敬順院
慎行了性
賢二郎 忠真長男 (早世) 1831(22) 須美
(小笠原忠固女)
大久保 忠愨 従四位下
加賀守
伝吉郎 忠脩長男 1837-59 1859(31)
(島津斉宣女)
大久保 忠礼 加賀守 隼之助 松平頼恕七男 1859-68 1897(57)
(大久保教義女)
幸子
(阿部正備女)

1868新政府に抗し
後、恭順、隠居謹慎
後、再承
子爵
大久保 忠良 小田原藩知事 岩丸
相模守
大久保教義長男 1868-71 1877(21) 1868減封
75,000石
1871廃藩置県


荻野山中藩=大久保家(小田原支藩)

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
大久保 教寛 従五位下
長門守
虎山院
武林崇勇
教武
教重
唐之助
久太郎
団之助
右近
外記
帯刀
大久保忠朝二男 1698-1730 1737(81) 1697長狭郡内(安房)
2,000石
1698小田原藩主、
兄・忠増より分知
相模・駿河国内
6,000石(先封収公)
1706加増
11,000石
(居所なく、陣屋のみ
駿河松長に設営)
若年寄
大久保 教端 従五位下
筑後守
真常院
智性相空
団之助
帯刀
教寛長男 1730-42 1742(56)
1730分知
13,000石
大久保 教起 従五位下
長門守
高峻院
仁栄義敦
万吉
直之丞
教端三男 1742-55 1755(23)
大久保 教倫 従五位下
長門守
観達院
本宗一相
吉之丞 教起長男 1755-73 1773(23)
大久保 教翅 従五位下
長門守
体全院
崇岳光円
金蔵
中務少輔
大久保教近
(教寛孫)長男
1773-96 1796(32)
1783中荻野(相模)
に居所を築く
大久保 教孝 従五位下
出雲守
岩丸
帯刀
教翅長男 1796-1845 1860(74) 奏者番
大久保 教義 荻野山中藩知事 金五郎
長門守
出雲守
中務少輔
教孝長男 1845-71 1885(61)
1871廃藩置県
子・教正の
とき子爵


金沢藩/六浦藩=米倉家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 藩主在任 没年(年齢) 所領/居所 備考
米倉 忠仰 従五位下
主計頭
諦了院
雄巌忠英
保教
大膳
主計
丹後守
柳沢吉保六男
米倉昌照養子
1722-35 1735(30) 1712皆川(下野)襲封
12,000石
1722金沢(武蔵)
に居所を移転
米倉 里矩 鍋三郎 真髻院
桃雲元珠
忠仰長男 1735-49 1749(17)
米倉 昌晴 従五位下
丹後守
義徳院
政運道香
長之助
大学
民部
米倉昌倫二男 1749-85 1785(58) 若年寄
米倉 昌賢 従五位下
長門守
高運院
法山道輪
総五郎
長之助
昌晴二男 1786-98 1798(40) 大番頭
米倉 昌由 従五位下
主計頭
陽徳院
入道栄寛斎
常菊
丹後守
米倉昌盈二男 1798-1803 1816(40)
米倉 昌後 従五位下
丹後守
峻量院
端道全義
昌俊
栄三郎
右京
水野忠鼎九男 1803-12 1812(29)
米倉 昌寿 従五位下
丹後守
昌寿院
金陵竜渓
冶鋳太郎 朽木昌綱四男 1812-60 1863(71)
米倉 昌言 六浦藩知事 直吉
下野守
丹後守
昌寿四男 1860-71 1909(73)
1869六浦藩と改称
1871廃藩置県
子爵



(2014.12.30up)


史料好きの倉庫へ戻る