東京都の主要大名


   東京都は古くは無邪志・胸刺の国造が支配していましたが、大化の改新で一国となり、713年に武蔵の字を当てました。『延喜式』では21郡(後世22郡)。平安朝期の荘園は豊島荘・横山荘など。平安朝後期から武蔵七党や坂東八平氏などの武士団の活動地域となり、清和源氏諸流の勢力も浸透しました。鎌倉期にははじめ国司が守護を兼帯しましたが、後には相模に次ぐ関東の要地と位置付けられ、北条(得宗)家家督が守護を務めました。南北朝期にははじめ高(師直)家が守護を務め、観応の擾乱後に鎌倉公方のもとで上杉(山内上杉、一時犬懸上杉)家の分国となり、室町期に至りました。享徳の大乱の後、上杉=扇谷家が武蔵中部に勢力を広げて上杉=山内家と抗争しましたが、戦国期に入ると北条(後北条)氏綱が北上して両上杉と攻防を繰り返し、北条氏康は1546年に扇谷家を滅ぼして武蔵を制圧しました。豊臣秀吉が1590年に北条家を滅ぼすと、徳川家康が武蔵を与えられ、江戸を居城として関東を支配しました。関が原の戦後、家康は1603年に征夷大将軍となって江戸に幕府を開き、武蔵中部は幕府直轄領と旗本の所領で占められ、江戸には町奉行が設置されて住民を統治しました。1868年の江戸開城により京都より皇居が移転し、江戸は東京と改称され、1871年には武蔵中・南部が東京府と神奈川県とに分割されました。1878年に伊豆諸島が静岡県から、1880年に小笠原諸島が内務省直隷地域から移管され、1889年に東京市(区部)設置、1893年に多摩郡が神奈川県から東京府へ編入されて、現在の領域が確定し、1943年に府・市が統合されて東京都に再編されました。1945年、小笠原諸島は米国により占領されましたが、1968年に日本へ返還されて、再び東京都に編入されました。

   武蔵守護職   豊島家   江戸家→喜多見家   吉良(東条)家   大石家   遠山家   徳川(田安)家   徳川(一橋)家   徳川(清水)家 


武蔵守護職(室町時代)

氏名 官位/仮名 法名/号 在任期間 備考
高 重茂 大和権守 1336/7-38後
高 師冬 播磨守 1341前-44後
高 師直 武蔵守 1346前-51
上杉 憲将 兵庫頭 1351 父・憲顕の代官との説あり
仁木 頼章 兵部大輔 1351-52後
畠山 国清 阿波守 道誓 1353-61 解任後数年は守護不設置
上杉 憲顕 民部大輔 道昌 1366/7-68
上杉(山内)能憲 兵部大輔 道諲 1368-78
上杉(山内)憲春 刑部大輔 道弥 1378-79
上杉(山内)憲方 安房守 道合 1379-94
上杉(犬懸)朝宗 中務少輔 禅助 1395-1405
上杉(山内)憲定 安房守 長基 1405-?
上杉(犬懸)氏憲 右衛門佐 禅秀 ?-1417
上杉(山内)憲実 四郎・安房守 長棟 1419前-34後
上杉(越後)清方 兵庫頭 1440前-46
上杉(山内)憲忠 右京亮 1449前-54
上杉(山内)房顕 兵部大輔 1461前-66
上杉(山内)顕定 四郎 可諄 1477前-1510


豊島家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
秩父 武常 二郎 平将常男 11C中葉 豊島郡豊島荘(武蔵)
豊島 常家 二郎 武常男
豊島 康家 三郎 常家男
豊島 清光 豊島権守 左衛門尉 康家男 1180頃
豊島 朝経 右馬允 清光男
豊島 有経 豊島権守 太郎 朝経男 1191頃
豊島 経泰 平六兵衛尉 有経男
豊島 泰友 三郎兵衛尉 経泰男
豊島 泰景 三郎兵衛尉 泰友男
豊島 朝泰 孫四郎 泰景男 ?-1342後
豊島 宗朝 小三郎 宮城某の男
豊島 泰宗 勘解由左衛門尉 宗朝男
豊島 範泰 三郎左衛門尉 泰宗男
豊島 朝泰 三郎左衛門尉 範泰男
豊島 泰景 三河守 勘解由左衛門尉 豊島泰秀
(泰宗男)男?
1455前-?
豊島 泰儀 勘解由左衛門尉 泰景男
豊島 宣泰 勘解由左衛門尉 泰儀男? 1471前-?
豊島 経祐 七郎左衛門尉 新三郎 宣泰男
豊島 泰経 勘解由左衛門尉 経祐男(弟?) ?-1477後
1477失領
以後の系譜
は錯綜して
判然とせず


江戸家→喜多見家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
江戸 重継 四郎 秩父重綱四男 12C前半 豊島郡江戸郷(武蔵)
江戸 重長 太郎兵衛尉 重継男 1180前-95後
江戸 忠重 太郎 重盛 重長男 1205頃
(途中未詳)
江戸 泰重 四郎太郎 忠重裔? 14C前半 江戸近傍
江戸 長門 遠江守 忠重
太郎
泰重男 1352前-58後
江戸 高重 淡路守? 藤太郎? 長門男
江戸 康重 駿河守? 右京亮? 高重男 1441頃
以後、惣領家の
動向未詳
(喜多見家)
木田見 広重 小三郎 駿河守? 江戸所流 15C後半 多摩郡木田見(武蔵) 北条家被官
木田見 門重 右京大属 景福軒
呂顕
孫八郎 広重男 北条家被官
木田見 常光 摂津守 浄先 信濃守 門重男 1546? 北条家被官
木田見 頼忠 刑部少輔 興楽 常光男 1619 北条家臣
木田見 朝忠 摂津守 法心 頼忠男 ?-1590 1602(51) 北条家臣
喜多見 勝忠 従五位下
若狭守
宗珍 五郎右衛門 朝忠長男 1590-1627 1627(60)
1590徳川家康に
仕え、喜多見領
500石
1621までに累増
2,000石
堺奉行
喜多見 重恒 五郎左衛門 宗幽 半三郎 勝忠二男 1627-72 1679
1627分知
1,120石
喜多見 重政 従五位下
若狭守
彦五郎
五郎左衛門
石谷武清二男
重恒外孫
1672-89 1693
1681加増
3,120石
1683加増
10,000石
1686加増
20,000石
1689怠慢、改易
側衆


吉良(東条)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
吉良 義継 東条左馬四郎 等覚
尊親
足利義氏三男 1255頃 幡豆郡吉良荘東条
(三河)
吉良 経氏 上総介 太郎 義継男
吉良 経家 上総介 又太郎 経氏男
吉良 貞家 従五位下
右京大夫
左馬助
修理権大夫
経家長男 1354?
1345四本松城(陸奥)
1336?-45?
因幡・但馬守護
1345-54?
奥州管領
吉良 満家 従五位下
中務大輔
治氏
三郎
貞家長男 奥州管領
吉良 治家 治部大輔 満家男 1390飽間(上野) ?-1390
奥州管領
吉良 頼治 兵部大輔 治家男
吉良 頼氏 左京大夫 頼治男 15C初頭?
世田谷城(武蔵)
吉良 頼高 右京大夫 頼氏男
吉良 政忠 右京大夫 政正 頼高男
吉良 成高 左兵衛佐 政忠男 ?-1485後
世田谷および蒔田
吉良 頼康 正四位下
左兵衛督
左兵衛佐 成高男 1485後-1560
吉良 氏朝 従四位下
左兵衛督
実相院
玄参宗翁
頼貞
貞朝
堀越貞基男 1560-90 1603(62)
1590失領、閑居
蒔田 頼久 左兵衛佐 耕雲寺
傑翁宗英
氏広 氏朝長男 1591-1609 1609(42) 1591再興
長柄郡内(上総)
1,120石
1601加増
1,820石
徳川家臣
蒔田 義祗 左兵衛 東禅院
覚翁宗真
源六郎 頼久長男 1609-57 1657(51)
1609幼少減封
1,120石
旗本
蒔田 義成 左兵衛 景徳院
雲巌宗祥
源六郎
右近
義祗長男 1657-91 1691(63) 表高家
吉良義俊(従四位下・侍従・左京大夫。義成長男)が1692年に高家となり、1697年より武蔵国内1,420石を知行して存続。


大石家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
大石 為重 源左衛門尉 木曽一族? 佐久郡大石郷(信濃)
大石 信重 遠江守 為重男
(養子?)
?-1356後
多摩・入間二郡内
(武蔵)
武蔵守護代
大石 憲重 石見守 遠江太郎
源左衛門尉
信重男 1429 武蔵守護代
大石 憲儀 石見守 源左衛門尉 憲重男 1440 武蔵守護代
大石 房重 源左衛門尉 憲儀男 1455
大石 顕重 信濃守 源左衛門尉 房重男
高月城を築く
大石 定重 信濃守 源左衛門尉 顕重男 1527(61?)
滝山城を築く
大石 定久 源左衛門尉 心月斎
道俊
定重男 ?-1546 1549(59)
大石 氏照 陸奥守 青雲院
透岳開公
源三 北条氏康三男 1546-90 1590(51)
1588八王子城(武蔵)
1590後北条家と
ともに滅亡
北条家臣


遠山家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在位 没年(年齢) 所領/居所 備考
遠山 直景 丹波守 四郎左衛門
隼人佐
加賀守
明智景保男 ?-1533 1533 1524江戸城代 北条家臣
遠山 綱景 甲斐守 藤九郎
丹波守
直景男 1533-64 1564 北条家臣
遠山 政景 甲斐守 康光
右衛門大夫
綱景男 1564-80 1580
1567下総国内
北条家臣
遠山 直景 左衛門大夫 政景男 1580-87 1587 北条家臣
遠山 犬千代 直景
(左衛門大夫)男
1587-90
1590失領
北条家臣


徳川(田安)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
徳川 宗武 従三位
権中納言
悠然院
寛山円休
小次郎
右衛門督
徳川吉宗二男 1729-71 1771(57) 通子=森
(近衛家久女)
1729賄料=蔵米
30,000俵
1746武蔵等六国内
100,000石
江戸城内の
田安邸に居住
徳川 治察 従三位
左中将
大蔵卿
贈・参議
高尚院
心月覚嶺
寿麻呂 宗武五男 1771-74 1774(22)
1774没後無嗣
徳川 斉匡 従一位
権大納言
惇宗院
戒徳厳明
慶之丞
右衛門督
(致仕後)
三玄翁
徳川治済五男 1787-1836 1848(70) 貞子
(閑院宮美仁親王王女)
1787継嗣、再興
徳川 斉荘 従三位
権中納言
大覚院
性誉惟徳
要之丞 徳川家斉十四男 1836-39
(1839尾張徳川
家へ転出)
1845(36) 猶(斉匡女)
徳川 慶頼 権大納言 群之助
右衛門督
斉匡九男 1839-63
徳川 寿千代 英樹院 慶頼長男 1863-65 1865(6)
徳川 亀之助
(=家達)
慶頼三男 1865-68
(1868徳川
宗家へ転出)
1940(78)
徳川 慶頼
(再承)
権中納言 1868-69 1876(48) 暉(徳川家慶女)
光子=睦宮
(閑院宮孝仁親王王女)

1868田安藩
1869版籍奉還に
より廃藩
四男・達孝
のとき伯爵


徳川(一橋)家

氏名 官位/仮名 法名/号 他の名 続柄 当主在任 没年(年齢) 配偶者 所領/居所 備考
徳川 宗尹 従三位
参議
贈・権中納言
覚了院
冬巌性達
小五郎
刑部卿
徳川吉宗四男 1737-64 1764(44) 顕子
(一条兼香女)
1737賄料=蔵米
20,000俵
1740加増
30,000俵
1746武蔵等六国内
100,000石
江戸城内の
一橋邸に居住
徳川 治済 従一位
准大臣
贈・太政大臣
最樹院
性体瑩徹
豊之助
民部卿
(致仕後)
穆翁
宗尹四男 1764-99 1827(77) 在子
(京極宮公仁親王王女)
徳川 斉敦 従三位
参議
贈・権中納言
厳恭院
経真明誼
好之助
民部卿
治済六男 1799-1816 1816(37) 保子
(二条治孝女)
徳川 斉礼 従三位
参議
贈・権中納言
憲徳院
義岳文教
松之助
兵部卿
斉敦二男 1816-30 1830(28)
(徳川斉匡女)
徳川 斉位 従三位
参議
贈・権中納言
崇雲院
高岳明徹
郁之助
豊之助
民部卿
徳川斉匡四男 1830-37 1837(20) 賢子=永
(徳川家斉女)
徳川 慶昌 従三位
左中将
刑部卿
贈・参議
英徳院
出渓義玄
初之丞 徳川家慶五男 1837-38 1838(14)
徳川 慶寿 従三位
参議
贈・権中納言
承休院
栄岳凉性
房之助
民部卿
徳川斉匡五男 1838-47 1847(25) 直子
(伏見宮貞敬親王王女)
徳川 昌丸 贈・従三位
左中将
馨明院
浄心善行
徳川斉荘長男 1847 1847(2)
徳川 慶喜 権中納言 昭致
七郎麿
刑部卿
徳川斉昭七男 1847-59
1862-66
1913(77) 美賀子
(一条忠香養女)

1859謹慎
1862再承
徳川 茂栄 権大納言 建重
義比
茂徳
鎮三郎
弾正大弼
摂津守
松平義建五男 1866-69 1884(54) 政子
(丹羽長富女)

1868一橋藩
1869版籍奉還に
より廃藩
四男・達道
のとき伯爵


徳川(清水)家

徳川重好(従三位・権中納言。徳川家重二男。1753賄料=蔵米30,000俵。1762武蔵等七国内100,000石、江戸城内清水邸に居住。
1795没後中絶)⇒敦之助(1798再興。1799没後中絶)⇒斉順(従三位・左中将・式部卿。1805再興)⇒斉明(従三位・左中将・
式部卿、贈参議)⇒斉彊(従三位・権中納言。1846紀伊徳川家を継承、中絶)⇒昭武(従四位下・左少将・民部大輔。1868水戸
徳川家を継承、中絶)⇒篤守(1870再興。伯爵→後に返上)



(2018.03.18up)


史料好きの倉庫へ戻る